獅子党のつぶやき

【西武】伊原監督は何故失敗したのか

前渡辺ライオンズから涌井・片岡・サファテ・ヘルマンが退団。 戦力ダウンが不安視されるも伊原ライオンズが誕生。引き受けてくれたことには感謝しなくてはなりません。

伊原監督は黄金期野球を目標にしました。 高過ぎる理想を求めたが選手のレベルが追い付いていません。1軍レベルの選手が揃っていないにも関わらず戦力を過大評価したことが最大の原因だと思います。 2002年の伊原監督を筆頭に伊東監督や渡辺監督と現場から昇格しているだけに結果的に現場を離れてからの就任の影響は大きかったのでしょう。

ユニフォームや髪型に関しては伊原監督らしいと思います。社会人ですから常識的なルール作りも必要でしょう。 現場では不評だったかもしれませんが選手側もこんな事で揉めるのは正直情けない。 投手陣に関してはクラシックスタイルは投球時に擦れたりして怪我の影響もあることから免除されたので一定の理解もありました。

秋季キャンプでは三塁浅村・抑え十亀・左打専念の金子など前監督との違いを強調するためか独自色を出し過ぎました。 特に三塁に関してはランサムが後に入団するなどフロントとも上手くいってなかったのかなと思われます。 選手個人の出場機会を増やす目的でもなく埋もれていた才能を発揮させる訳でもない配置転換は結果的に失敗に終わりました。

春季キャンプでは効率重視の時短の練習でした。 第一クールでは体力作りでバットは使わない。練習試合を行わなければ紅白戦はキャンプ最後に1試合と明らかな実践不足。この頃に選手と溝が出来てしまったのではと思われます。 渡辺監督が長期政権だったので全く違うキャンプの取り組みに選手が対応出来ていない。監督のタイプも全く違うだけにタイミングが悪かったです。 黄金期のように一流選手の集団ならば他選手にポジションを奪われないよう必死だったと思います。 現ライオンズは年間通じてレギュラーで活躍する選手が少数です。ポジション争い以前の段階なので個人で調整など出来るはずありません。戦力の底上げに必要なのは徹底した練習だったはず。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by lsports
  • 2014/06/06 09:01

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック