希望が奇跡の幕開く神宮劇場

28歳のオールドルーキーが開くかもしれない27年閉ざされた重い扉

ああ、1位は佐々木ではなかったのか。このブログの管理人、見る目無い。地元都立の星、良いと思ったのだが。星は星でも星知弥が来た。かなり良い指名ではあると思うけれども。 それにしても田中正義といいまたパ・リーグか。パワーバランスは開く一方かもしれない。

しかしながら寺島はそれらに負けないクレバーかつパワフルなスケール、完成度共に優れた好投手。今朝望んだような大投手になる素養は十二分にある。 自分の予想や希望が外れた、叶わなかったからといって不満を垂れるというのは私は嫌いなので今年の選択をリスペクトしたい。ベストを尽くした悔いのない使命をしてくれたと思う。機会があれば、改めて振り返りたい。

そんな素晴らしいスピード自慢の好投手を数多く獲得できたドラフトにおいて、物議を醸しているのは6位、菊沢竜佑である。 軟式野球出身、28歳、米独立リーグ経験あり、早起き野球でどうたらこうたら…完全なイロモノだ。下位指名と言えど賛否両論あるのは当然だろう。 だが私はまず一点を理由に、この指名を支持したい。 それは、この菊沢が立教大学出身であることだ。

「黒須陽一郎」

この名前を覚えている方には、この先目新しいことは大して書けないので一番下の方だけお読み頂きたい(お知らせとお願いがございます)。

先の名前がわからない方。では、「片岡宏雄」も…どうだろうか。ヤクルト黄金期の名スカウトである。 この2人の共通点は、共に立教大学出身であることだ。 しかし89年に黒須が3位で指名されて以来ヤクルトの立教大学からの獲得はない。 経緯はWikipediaの黒須の項目に詳しいが、黒須が片岡およびヤクルト球団に対して不義理を働いた(自分から入団をせがんでおいて翻意し指名後に入団拒否)のである。 激怒した片岡はOB会を抜けるなど、ヤクルトと立教大学との仲は断絶状態となった。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by metropolis-22
  • 2016/10/21 07:40

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

28歳のオールドルーキーが開くかもしれない27年閉ざされた重い扉(読者の皆様へお知らせとお願いがあります)

こんばんは、ヤクルトファンの者です。
野球の本をほぼ読んだ事がない、歴史好きの文系として論語、貞観政要とか固い本もまあいいのですが(笑)
それは他の方に譲るとして、趣向を変えて漫画を。

砂漠の野球部 コージィ城倉 1995~1997年少年サンデー
https://www.amazon.co.jp/%E7%A0%82%E6%BC%A0%E3%81%AE%E9%87%8E%E7%90%83%E9%83%A8-%E7%AC%AC1%E5%B7%BB-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A3%E5%9F%8E%E5%80%89/dp/4091235913
この作者はちょっと独自の観点が特殊ですが、この作品はドタバタ青春もので面白かったです。

posted by aki1600
コメント投稿者ID:aki1600
2016/11/06 20:17
コメント支持(0)

「28歳のオールドルーキーが開くかもしれない27年閉ざされた重い扉(読者の皆様へお知らせとお願いがあります)」へのコメント

コメントありがとうございます。確認が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

漫画ですか!作者のコージィ城倉さんってグラゼニの原作者の方ですよね!ヤクルトファンの!

今回の企画としてはプロ野球を題材としたノンフィクション本を主体としていたのですが、機会を見つけて個人的に読ませて頂きたいと思います!

ご推挙ありがとうございます!

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2016/11/08 23:15
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック