神宮球場一塁側外野スタンドより愛を込めて

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

https://sites.google.com/site/nsbaseballrule/2015menu/3-2015/3-16 3.16 観衆の妨害 打球または送球に対して観衆の妨害があったときは、妨害と同時にボールデッドとなり、審判員は、もし妨害がなかったら競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる。

これを読んでも件の裁定に納得がいかないのであれば、ぜひプロの審判を目指していただきたい。 白か黒かがはっきりしていたはずの事柄をグレーにしてしまったことは山田にとっては気の毒だし該当人物は大いに反省すべきだが、それによって白黒がひっくり返るということはビデオ判定を行ったことにより可能性としては極めて低くなっている。

あまりに感情的な一般人に対するバッシングの声が過熱しており、慙愧に堪えない。 観客が妨害することはルールにおいて織り込み済であり、それによって結果が濁ることのないよう対策もされている。 もうそれで十分だろう?球場での過ちは球場・野球のルールによってのみ裁かれるべきだと、私は考える。

※追記

https://full-count.jp/2017/03/08/post60045/ 決勝の二塁打も“幻の本塁打”となった。「ギリギリかなと思った」という山田は「まぁ、これも野球なんで。仕方ないですけど、ウェートトレーニングをして、打球飛ばしたいです」とポツリ。「1点入りましたし、その前はチャンスで打てなかったので、自分で決めてやろうってそういう気持ちでいったので、何とか打てて良かったです」と安どした。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by metropolis-22
  • 2017/03/08 00:27

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(7)

山田哲人の疑惑の一打について。野球規則 3.16は「それ」が起きることを知っていた。

だからといって、少年の行為は許されることなのでしょうか?

山田が前に進もうとしている、というが「判定が覆った瞬間」唖然としていたのも皆見ていたことだ。

観客が妨害して好きな選手のホームランを消されたので、怒る人が出て、その行為をしでかしたやつにバッシングが行く。

これをいったい誰が責めることができよう。

野球のほとんど誰も知らないような規則をひっさげて「知っていた」んだ「だから黙れ」って、
納得する人もいるでしょうが、たいていの人は納得しないと思います。



     ただし、
名前を特定され、知りたくもなかった情報が私を含め多くの人々の耳に入ったこと。
住所や所属チームまで特定したこと。
挙句、実際に捕球してない人の情報、いわゆる「デマ」が流れる。

この3点は「少年を未だに赦せない」私でさえ、抗議の意を表したいと思います。

しょうがないことと、一線を越えていること。分けて考えるべきですね。

posted by あすみん
コメント投稿者ID:TCE00076138
2017/03/08 18:45
コメント支持(1)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

コメントありがとうございます。
ですが前提が間違っています。ジャッジが覆ったという事実はありません。規則のもと審判団がビデオ確認の結果観客による介入がなかったとしてもスタンドインしなかったと判定したから本塁打にはならなかったということです。それを表す規則が引用したものです。
あなたが知らなかろうが、私が知らなかろうが、誰が知らなかろうが規則は規則です。
私自身、この規則を正式な形で把握したのは昨夜この件を受けてからのことです。大して確認もせず間違った批判をしている声が大きすぎたので、それを周知させていただくための投稿だったのですが。

挙げておられるようなこと含め、「私刑」は愚かなことです。報道もされていることですが、当該人物はたいそう反省しているようですよ。これ以上何を求めるのでしょうか。

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2017/03/08 19:28
コメント支持(21)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

ここで言われている規則はもともと重々把握しております。
ただし今回の件について問題の本質は本塁打が2塁打になったことではありません。
単なる観客がインプレー中の試合結果に働きかけをおこなったという事実です。
少年に悪気があるとかないとか山田選手が許しているだとかそういう話ではありません。
球を打って審判が判断して何塁打か決める、結果的には同じでしょで済むのであれば野手なんていらないい。
エラーもあるかもしれないファインプレーになるかもしれない。そういう一球一球がボールデッドに至るまでの経緯に野球の楽しみがあるのです。
数千万人が観戦していた試合の野球の醍醐味が件の少年の独善的な行為により奪われてしまった。
そういう話です。
個人で許すのは勝手ですが、一野球ファンとしては許すことはできません。
再発防止のために徹底的な策を講じるとともにしかるべき罰を受けていただく必要がありますね。

posted by TCE
コメント投稿者ID:TCE00076360
2017/03/09 18:47
コメント支持(1)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

コメントありがとうございます。
罰、というワードを用いられたのでそれをベースにご返答いたします。それとあらかじめ私が法に関しては素人であることもおことわりさせていただきます。

まず、しかるべき罰、とはいったい何でしょうか?
私は本文中で球場および主催者が当該人物に対処すること(出入り禁止や退去命令)は否定も批判もしておりませんし、実際には行われなかったわけです。以前プレーへの介入を意図的に行った観客(物体の投げ入れを行った)を糾弾し、具体的なそういった対応を求めた記事も私は投稿しています。
そのうえで罰を下そうとなれば法的手続きを通す必要があります。
業務妨害罪は親告罪ですので、当事者以外は起訴できません。当事者は球場、主催者、選手あたりになるでしょうけれどもこうして関与できてしまう構造上の不備は否定できないと思いますし、球場と主催者の責任は排除できないと思います。選手が積極的に訴訟を起こすこともイメージ面含め可能性は低いでしょうし。
観客による訴訟も、不法行為以外には慰謝料請求はできませんのでほぼ不可能でしょう。おっしゃる通り数千万人が訴訟を起こした場合それに対して個人、それも未成年が金銭的補償をすることなどできるはずもありません。

法律・ルールというのはいわゆる一罰百戒を防ぐためのものでもあります。いま当該人物が受けているネット上の仕打ちが妥当、もしくはまだ足りないなどと決める権利はないと考えます。
むしろ、そのような群集心理といいますか、炎上騒ぎに乗じ暴走する心理に触れ、戦慄しております。ご発言の性質として恐怖感を覚えます。

こうした状況を生まないためにも再発防止策を講じておくべき、という点は心から同意させていただきますが、日の丸を描いた棒でなら集団で個人をボコボコにしていい、というような考えには同意できかねます。
そもそも観客によるプレーの介入は以前からグラウンドに面した席を提供した球場を中心にわずかながら発生していたことです。
具体的に各球場が再発防止に動くようファンとして働きかけるならまだしも、個人攻撃を許容することはできません。
第二のバートマン事件を起こしたのは、当該人物だけでなく、対策を怠った球場、そして「名無し」達です。

もう一度申し上げますが、私刑は愚かなことだと私は考えます。この国は法治国家ですし、憲法によって禁じられたそれを許容できるはずもありません。

人を楽しませるためのスポーツ興行において、たしかにそれを誤って削いでしまったのは事実かもしれません。ですが、だからこそ、その対価として人を追い詰め、苦しめることなど許されないと思います。

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2017/03/09 21:48
コメント支持(11)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

なんていうか、ルール以前に人としてどうなの?って思うけど。

君は少年の関係者かなにか?

バッシングしすぎるのもどうかと思うが、

ルール違反じゃないから少年は「悪くない」っていうのはもっとどうかと思うぞ。

posted by あすみん
コメント投稿者ID:TCE00076138
2017/03/10 16:45
コメント支持(0)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

あすみん様、大活躍ですね。お忙しそうです。そのあまりかまたしても前提に誤りがあります。
私は当該人物の過ちを否定はしておりません。
本文中の「該当人物は大いに反省すべきだが」「球場での過ちは球場・野球のルールによってのみ裁かれるべきだと、私は考える。」以上の表現およびTCE様へのコメント返信でも申し上げたように主催者や球場が正当な権限のもと退去指示であるとか、入場拒否であるとかの処置を取ることはやむを得ないと思います。その上でネット上に跋扈する人権侵害行為に警鐘を鳴らしたい、という意図もあるのですが。

擁護するイコール関係者、などという発想含め全体的にネットの悪意に毒されすぎているように見受けられます。暴走した歪んだ正義感のような何かにはやはり危機感を覚えます。何を誰がどこまでやっていいかなんて、誰が何の権利があって決めるのでしょうね?それは私にもあすみん様にもないと思いますが・・・だから私刑は許されないのではないでしょうか。

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2017/03/10 22:33
コメント支持(6)

観客による打球キャッチについて。野球規則 3.16はそれが起きることを知っていた。

諸事情につき今後当記事へコメントを頂いた場合でも返事ができない場合、もしくは遅れる場合があります。
勝手ながらあらかじめご了承ください。

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2017/03/10 22:54
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック