希望が奇跡の幕開く神宮劇場

【読書感想文】山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実

『プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である』 片岡宏雄(元ヤクルトスカウト部長)

この一冊とどう向き合うかを考えるのには、相当な時間を要した。

いくら期待を掛けようともそれに確信があろうと、それを裏切るケースなど山のようにある。第一、予想が必ず当たるのならば証券アナリストはみな金持ちのはずであるが、事実はそうではない。 ドラフト一位の鳴り物入り、スーパールーキーが毎年大活躍、とはいかないことだってザラにある。 予想は外れることも当たることもあるからこそする意義がある。 著者の片岡氏もきっとそんな世界で名スカウトと名を馳せられるほどの結果を残したことへの誇りを持っており、ペンを執るに至ったのではないだろうか。

そう思いながら手に取ったこの一冊には強い違和感を覚えながら読み進めた。登場人物の多くが野球はチームスポーツであること、という前提を忘れているのかのような発言をしている点だ。 見出された恩を忘れ「スカウトは球団の救済事業だ」と吐き捨てた選手。 手柄を独り占めしようとした野村監督。 そして選手の不出来の責は現場の指導者に押し付けながら活躍した選手の手柄を声高に主張する片岡氏。 選手の発言については論外だが、監督、コーチとスカウトについては、ある意味お互い様ではないだろうか。

例えば決してプロとして十分だったと言えなかった宮本慎也の打撃を2000本の安打を積み上げるまでに仕立てたのは臨時打撃コーチを務めた中西太氏との出会いであると宮本本人は後述しているし、野村監督は「二流の超一流になれ」という言葉を贈り導いたことでそのものずばりのタイトルで共著を出すまでに強い「師弟」関係を築いている。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by metropolis-22
  • 2017/03/19 23:46

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

【読書感想文】 山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実

こんばんは。

私もこの本を読みました。個人的に最も興味深かったのは池山指名に至るエピソードです。
小早川推しと池山推しがせめぎ合う中で、片岡氏が池山を推し切るくだり。どんなに眼力があっても自信がなく推挙に失敗すれば、まったく意味がないと思い知らされる。

なので松田スカウトの功績も、(真相は不明で推察に頼るしかないですが)「山田を見出した」より「外れ1位候補まで推し上げた」だと、私は強く言いたい。あの時「1位はクジが外れ続けても投手で行く。野手は2位で」という方針だった場合、オリックスに指名されていたからです。

そもそも見出すだけならほぼ全球団のスカウトがやっていたでしょう。吉川や西川のように2位指名を画策していた球団も多数あったはず。オリックスの敗北とスカウトの無念はクジを外したことではなく、伊志嶺より山田を上に推すことができなかったことではないか。オリックスはヤクルトより先に野手指名にシフトしていたのだから。

松田スカウトの推しがあったからこその外れ外れ1位だと思っているので、関係者には労に報いるためにも当時のエピソードを出して欲しいなと思います。

長文失礼しました。

posted by スカウトの仕事は見出すことより強く推すことにあり
コメント投稿者ID:TCE00075488
2017/03/20 01:50
コメント支持(2)

「【読書感想文】 山田哲人のコーチの名は知られていても、担当スカウトの名は知られていないという現実」へのコメント

コメントありがとうございます。
スカウトの強い推挙によって事前の予想より早い順位で獲得され、活躍した選手には他にも広島の鈴木誠也選手がいますね。
こうして花開いた選手たちについてはごく一部ながらもエピソードとしてファンの耳に入りますが、なかなかそれ自体貴重なことですし、スカウトの奮闘ぶりに対する広報努力のようなものもあって良いのかもしれません。
反面、DeNAの柿田投手はスカウトが当時の中畑監督の声にが自信ありげに「いけます」と推挙しハズレ1位で競合し獲得に至りましたが、結果は今のところ…
だから、難しいのですよね。
昨年のドラフトでも佐々木千隼投手がまさかのハズレ1位に回り寺島、今井、藤平が全員単独入札になるという指名戦略の引き起こしたドラマがありました。
もっと、報道する側にせよ、見る側にせよ、スカウトの方々への関心を持ってみると野球観戦が面白くなるような気がしました。

posted by metropolis-22
コメント投稿者ID:metropolis-22
2017/03/20 06:16
コメント支持(2)

よく読まれている記事
トラックバック