ジャイアンツ愛・いやそれ以上!

[ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた

2016年のドラフトが終了しました 思えば、去年は由伸監督が誕生するかしないかでバタバタして、この場に監督はいなかったなぁ・・・ここで指名された選手に由伸監督の意向は入ってなかったと思い、複雑な心境で見てました

ただ、今年は違う

1年間のシーズンを戦って、良い意味でも悪い意味でも改めてチームの状態を把握し、来季に向かって足りないもの、さらにその後を考えたドラフトになるのはあきらか。球団の思惑とスカウトたちが見てきたレポートを見た上で、どういう指名をするのか本当に楽しみにしてました。

しかし…今季の巨人が色々とまごついたように、ドラフトに関しても”くじ運”という意味では、ちょっと厳しいかなと思っていたのですが、前日に球団から発表された1位候補は「田中正義」

ここのところ、名より実をといえば聞こえは良いですが、どちらかというと競合を避けてきたようなイメージがあるので、多数の球団とかぶる可能性の高い指名をするというのは半分予想外でした。

しかも最初のクジに外れて、次も佐々木にゆくとは…(ま、事前に報道はありましたけど)今年の巨人は違う、冒険しているというのをヒシヒシと感じて、ハズレはしたもののちょっと嬉しかったですね

さて、今回の巨人のドラフトですが、総論としては「わりと良かったんじゃない?」というのが第一印象。もちろん、1位選手を当初の希望通り取れるに越したことはないのですが、2球団くらいならともかく、5球団ともなると4球団が外れるわけで、それはある意味、想定内だったと言えるでしょう

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by ming
  • 2016/10/24 02:16

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(8)

[ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた

おはようございます。日本シリーズが始まり広島が地元で連勝という事ですが、北の端と西国でのシリーズという事で全国的にはやはりイマイチ盛り上がってない気もしますね。ドラフト・・・というよりアマチュア球界に極めて疎く、田中投手の事は前から騒がれていたので名前だけは知ってましたが佐々木投手や1位の吉川選手ですら今ドラフトで初めて知ったくらいです。賭博事件への関心も世間的に薄れたせいでしょうか?、指名順にかかわらず仰られてる冒険というより「普通」?に獲りたい選手を指名し捲ったという感じですね。育成・3軍については明確に結果が出るにはまだ2~3年は掛かるかも知れず、まして育成契約の場合は1~2年で契約解除という事も有り得て今はより数を集めざるを得ないのかも知れません。ドラフト上位選手は大卒・社会人なので基本的には即戦力として獲ったのでしょうけど、5位・6位の150キロ前後の速球を投げられる高校生投手には入団した場合には数年後の投手陣の左右の両輪になってくれたらと期待したい処ですね。昨年のドラフト1・2位は即戦力として期待外れだったと思いますが、1年経って恐らく身体も強化されたでしょうし、来季は今ドラフト指名選手より現状まず期待したいですね。大田・橋本・中井選手等の1軍半の野手はここ2~3年再三再四のチャンスを掴めきれなかった事からも個人的にはもはや今以上を期待しかねますし、はっきり言ってトレード要員にして良いかと思います。又投手陣も宮國・田原・戸根投手等現状中継ぎメインの投手も今以上を求めるのは酷だと思われ、今ドラフト指名選手を含めた新たな戦力の台頭を望むしかないと思われます。小笠原・ラミレス選手が怪我や衰えで活躍出来なくなるとチームはAクラス維持がやっとになった時と同様、阿部・内海選手等が1年間フルに活躍出来なくった今も似たような状態だと思われ、広島や日本ハムのように育てている選手が一人前になるのを1~2年すら待てるチームではない故、チーム内のみでの競争とは別にFAやトレードで選手を入れ替えて来季も優勝争いするしかないでしょうね。

posted by borderless
コメント投稿者ID:borderless
2016/10/24 07:47
コメント支持(0)

borderless さん

>北の端と西国でのシリーズという事で全国的にはやはりイマイチ盛り上がってない気もしますね

野球ファンとしては楽しく見てますが、フィギュアスケートオタクなもんで、この土日はなかなか忙しいテレビ観戦でした(笑)

ちょっと羨ましいな・・・という気持ちが大きいですね

>チーム内のみでの競争とは別にFAやトレードで選手を入れ替えて来季も優勝争いするしかないでしょうね

どこの球団もそうでしょうけど、目先の優勝とその先の優勝と両方を睨んだ運用が必要になりますね。どちらにしても、自分たちの弱点の補強も大事ですし、他球団にその戦力が取られることのデメリットも考えなくてはいけません。
金満だと揶揄されることも多いですが、それもひとつの手段であれば遠慮なく行使するべきですし、なりふり構ってられないというのが今の球団の実情かと思います

今の1軍半の選手が覚醒する可能性もゼロではありませんが、次から次へと若い選手が頭角を現してきて、誰を起用するのか迷うくらいの状態も見たいですね、シーズンが終了してガックリ来ている反面、ここから来季の開幕までは夢だけを見て過ごせますので(笑)明るい話題で球団が盛り上がることを期待したいところです
(去年、今年はじめのようなゴタゴタはもう勘弁)

posted by みんぐ
コメント投稿者ID:ming
2016/10/24 13:20
コメント支持(0)

[ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた

コメント失礼します

日本シリーズは、やはり野球ファンとしては見逃せないイベントではありますが、一方で巨人のいない日本シリーズにさみしさと悔しさが入り混じる状況です。一方、巨人が来年あの場所に立つためにはなにが必要か?ベンチワーク、先発陣、中継ぎ陣、レギュラー野手、控え野手すべてで補強が必要なチーム状況ですから、それを念頭に置いたドラフトでしたが、結果はまあしょうがないという感じですかね。田中を外し、まさか外れ1位で残っているとは思わなかった佐々木を外してからの吉川指名ですから、しょうがないです。今井や寺島が残っていればまた違う選択肢もあったかもしれませんが、くじで外れた結果の吉川は内野のレギュラー刺激策と人員補充という意味においてわるくありません。特に、守備面で不安がないという評判がその通りなら、打撃は我慢していればそこそこの数字にはなる選手だと思うのでそこは重要です。CSにおける田中の活躍を見て言うわけではありませんが、田中のドラフトの年に個人的にはこの田中を2位で指名してほしかったんですよね。守備が安定している選手だったので、当時からウイークポイントであったセカンドのレギュラーとして十分やっていける選手だと思いましたから。もちろん、巨人に入団していたとしても今の活躍を巨人でできるかは別問題ですが、個人的には、守備はまずいけど打撃に魅力があるという選手よりも守備は抜群だけど打撃に問題があるという選手のほうが打撃面での成績を含めてものになる気がします。もちろん、松井クラスの化け物は別ですが、個人的には大砲候補こそ下位指名で長所のみを伸ばすくらいの気持ちで育てたほうが結果が出る気がします

その意味で、吉川には期待しますが、クルーズにも腐ってほしくないので、来年1年は守備固めや代走で1年間1軍に帯同し、内野レギュラーが故障した際にはいつでもバックアップできる体制を整え、かつ再来年のレギュラー取りの下地をつくってくれればいいかな?とは思います

また、ほかの指名選手でいえば、リャオ・レンレイは期待したい選手です。プロの世界で技術や心構えは教えることができても身長は伸ばすことはできません。201㎝という長身から投げ下ろす150㎞オーバーのストレートは十分な魅力がありますから、体重が少し多い感じがするので、10~15㎏くらい落とし、細かな技術を身に着け、来年とは言いませんが3年後くらいまでに1軍の戦力になってほしいですね

ほかでは、育成8位の松沢選手ですね。去年のドラフトで育成指名されながら怪我で入団を辞退しながら、翌年再び育成枠とはいえ指名されたのは本人の姿勢によるところが大きいと思います。怪我をしてもあきらめず、自分の長所を伸ばそうという姿勢はいいです。中途半端なオールラウンダ―の多い巨人ですから、特色をもった選手がその特色一本でのし上がるさまを見たい気持ちが強いです

FAでは糸井からは撤退したのか?阪神、オリックスの一騎打ちと報じられていましたが、糸井でないなら大島か陽のどちらかをターゲットにしたいですね。個人的には平田は長野とタイプが被るだけに必要ないかな?と、感じます。投手でいえば、ソフトバンクの森福は補償が必要ないCランクの選手だけに絶対にほしいです。補償が必要な選手は二人までですが、たしか補償の必要がない選手は制限がなかったはずなので、個人的な願望でかつ宣言したものと仮定すると森福(中継ぎ補充)、山口or岸(先発補充)、糸井or大島(外野手&リードオフマン補充)の3名がほしいですね。これに吉川が内野と選手層の補充になってくれれば、来季それなりに戦える陣容になるだけに、来季優勝争いができる陣容をフロントにはしっかり整えてほしいです。正直、陣容を整えなければ、広島にはもちろんのことDeNAにも及ばず3位、4位争いがせいぜいだと現時点は思いますので、必要な投資はしっかりしてほしいですね

長文コメント失礼しました

posted by 巨人ファンのおっさん
コメント投稿者ID:TCE00071086
2016/10/24 17:31
コメント支持(0)

巨人ファンのおっさん さん

>巨人が来年あの場所に立つためにはなにが必要か?

そうですね、そこが一番難しい問題ですね
単純に戦力さえ揃えば良いということでは無い気がします

143試合という長い戦いですから、良い時、悪い時はありますし、ケガや故障、思いもかけぬトラブルなども多くなります。今年の広島の強さはそういった波が少なかったこと、選手が自分たちを疑うこと無く安心してプレー出来た環境なども含めて、全てが上手く回ったように見えました。

今年良い成績を残した選手が来シーズンも同じ以上のパフォーマンスを発揮できるかどうかわからないのが野球というスポーツですが、相手が下ることを望むのではなく、今シーズンの広島以上のチームを作り上げるとなると、すべての面において足りないものが多すぎるので、一朝一夕では行きそうにないですね。なかなかハードルは高そうです

ただ、去年の今頃、知り合いの広島ファンが緒方監督のことを酷評していたことを考えれば、たった1年とはいえ人が変わるには充分な期間な気がします。監督就任のバタバタから落ち着く日のなかった由伸監督が、このオフに何を考え、どう行動するのか、ある意味来シーズンが楽しみですね

>正直、陣容を整えなければ、広島にはもちろんのことDeNAにも及ばず3位、4位争いがせいぜい

補強と育成、トレーナーを含めた選手の健康管理やバックアップと采配、これらのバランスが高次元でうまくゆかないと厳しいですね。
もちろん、選手たち自身が今シーズンの悔しさを噛み締めて、どれだけ頑張れるかってところが一番大事ですけど・・・・出来れば単に打つ、投げる、守る、走るだけではなく、「あぁ~今の上手いなぁ」とか「それは予想できなかったわ」というような、見ているこちらをあっと驚かせてくれるような、いわゆる「野球が上手い」っていうプレーを見せて欲しいですね

そういう意味では、大技と小技を巧みに組み合わせた広島野球は見ていて感心させられました、我がジャイアンツも出来るはずなので、来シーズンはコーチ陣も一緒になって、上手い野球を見せてくれることを期待したいです
(大味な野球で圧倒するのも楽しいですし、プロならでわですけど、個人的にはそっち方面よりも逆が見たいんで)

posted by みんぐ
コメント投稿者ID:ming
2016/10/24 22:57
コメント支持(0)

[ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた

Gのドラフト補強、クジ運のわりにはまずまずでしたね。予想外のリャオ選手ですが、Goingで見た限りですが、球が速くてカーブも良さそうに思えました。

以前このコメント欄で、佳伸監督について語り合いました。今季、試合後のコメントに本来の覇気がないのにがっかりしていましたが、一つ良かった点は、試合中に策戦面の結果が良くても悪くても表情を変えなかったことだと思います。もしかするとこの辺は慶大の先輩で、かつてGの監督でもあった藤田元司監督を参考にしているのかと想像しました。

posted by L.サンチェ
コメント投稿者ID:TCE00072013
2016/10/24 21:48
コメント支持(0)

L.サンチェ さん

>予想外のリャオ選手ですが、Goingで見た限りですが、球が速くてカーブも良さそうに思えました

そうですね、当たりハズレが大きな賭けに近い指名だと思いますが、あぁいう個性のある選手は嫌いではないので、是非とも大成して欲しいなと思います

>今季、試合後のコメントに本来の覇気がないのにがっかりしていましたが

報道を見ていると、やはり評判の良いものでは無かったみたいですね。
まぁ、現役時代から口が達者な人ではないですし、ある日突然饒舌になっても見ているこちらが戸惑いますから、少しずつでいいのですけど、やはりプロとして人に見られるのも仕事ですので、来季はもう少しリップサービスも上達してくれるといいですね

posted by ming
コメント投稿者ID:ming
2016/10/24 23:01
コメント支持(0)

[ジャイアンツ愛] 今年のドラフトはどうだったか?3日たって考えてみた

更新お疲れ様です!
今年は、球団はこれを嫌ってきたんだろうな~と、以前から個人的に思っていた事があっていたのかなと思えるドラフトでしたね。
数字的な面では確率は同じとか言われますが、心情的には、やはり先にクジを引ける方が有利な印象があるので、最近は上位(Aクラス)から外れた事がない巨人は、ほぼ確実に最後の方にクジを引く事になり、自力のクジ運というよりも、他球団が当たりくじを引かないという他力本願になってしまうので、それを嫌って、単独指名重視だったんじゃないかと。
今回も2番目と最初のロッテに当たりくじを取られた後でしたしね。
順位が下位に沈んだ時か、今年のように大豊作と言われる年か、逆に圧倒的に抜けてる選手が居るときぐらいしか、上位で終わったシーズンは勝負にはいかないんじゃないかという印象でしたね。
ただ2回外したとはいえ、吉川を取れたのは、去年から坂本が離脱した時にショートを守れる攻守のバランスが取れた選手が居ないという課題の解消に繋がる期待があるので良かったですね。
前評判が高い野手の指名も久しぶりな感じなので、楽しみはありますね。
後の指名も即戦力で使いたそうな投手や隠し玉もありつつで、まあまあ良かったんじゃないかという印象ですね。
ただ5位指名の高田選手は甲子園で名前も知れてる、素材型の有名所という感じなので、彼を育てられるかによって、大袈裟かもしれませんが、これからの球団の指名傾向や評判にも関わるような気がしています。
個人的には、素材は素晴らしいだけに、どの球団が獲得して育てるのかな~と他人事(笑)のように思っていたので、巨人指名は驚いたので、ある意味今年のドラフトの1番のサプライズでしたね。
そろそろ情報が出始めたFAなどの更新も楽しみにしてますね!

posted by pug
コメント投稿者ID:TCE00073295
2016/10/25 00:07
コメント支持(0)

pug さん

高田ですか!

実は私の実家、岡山県出身ということで、ちょっと気にはなってたんですよね。
巨人には今、力投型の投手は割と少なめなので、うまく育ってくれるといいのですが、150km/h以上を連発する投手は今や珍しくなくなってしまったので、彼の場合は変化球の精度をどれだけ伸ばせるかでしょうか?

FC2レポートにもありましたが、腕の振りがちょっと独特なので、良い意味でナチュラルにタイミングが取りにくい投手になってくれるといいですね。あとはふたまわりくらい身体が大きくなると、いいかなと・・・

巨人のことだけ考えれば楽しみなドラフトになりましたが、他球団にも良い選手が入ってますし、これからが勝負ですからね、ここから巨人の将来を担うスターが生まれてくれることを期待したいところです。
レポートにも書きましたけど、坂本をゴリ押しした大森スカウト、今年から仲間入りした木佐貫スカウトの目利きがどうだったのか、2017シーズンは新人に要注目の年になりそうです

posted by みんぐ
コメント投稿者ID:ming
2016/10/25 01:34
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック