野球傍目八目

センバツ20172日目結果と3日目展望

とりあえず、今日一番驚いたのはこの時期に熱中症になるということですか。 気温の変化が大きいとなりやすいという、理屈ではわかってるんですが、実際に起こってみるとやはり驚きますね。

<本日の結果>   2日目第一試合 盛岡大付10-9高岡商(延長10回)

思った以上に打撃戦になりましたね。 盛付からみると、三浦投手が悪すぎましたね。結果平松投手が早めに投げて彼も消耗してしまい失点を重ねることになりました。 一方の高岡商の土合投手も打たれながら粘ったと思いますが、熱中症での退場が痛かったですね。2番手の投手が一気に攻略されたのを見ると、苦しくてもエースが粘っていれば延長で勝てた可能性もあったのかなと思ったり。 それにしても春の熱中症ですか。酷かも知れませんが二人退場したことを考えると高岡商側の対策が出来ていなかったと言わざるを得ないでしょうね。

第二試合 報徳学園21-0多治見

とにかく守備ですよ。3回のミスがなければ、報徳が勝ったとは思いますがここまでの点差にはなっていないはず。後は、その後の投手交代で2年生のリリーフを守備で残してましたが、それをするくらいなら最初からエースを残せよと言いたかった。これも傷口を広げた一因だと思います。 ただまあ、そうは言いながらも野球の質がちょっと違うかなっていうのは1回を見終えた段階でありました。正直、上記がまともに出来ていたとしても差のつく試合にはなったと思います。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by mino_k
  • 2017/03/21 00:33

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック