野球傍目八目

2017選手権4日目結果及び5日目展望

試合の結果はともかく、どの試合も点の取り合いになりましたね。これからはこんな感じで、ロースコアの接戦というのは流行らなくなっていくんでしょうかね。なんだかんだ、打撃の技術が上がってるってことなんだろうなぁ。

<本日の結果> 4日目第一試合(1回戦)<本日のピックアップゲーム> 広陵    000 003 340 10 中京大中京 002 000 013 6

継投というのは難しいと改めて思った試合。6回に中京がピッチャーをスイッチしてそれ以降のピッチャーが打たれたわけだが、では変えない方が良かったかと言われるとそれもちょっと違うのかなと思っていて。後からコメントで出てきたのはキャッチャーから球威が落ちてきたという情報が入っていてそれで変えたとのことのようだが、元が継投で勝ってきたチームなので、良きところで変えること自体は間違いでは無いと思う。 ただ、結果的にこういう結果になるとどうだったのかと言われてしまう。それは投手交代の宿命のようなもので。逆に、広陵も投手を交代してこちらは変わった村上投手がそれなりのピッチングをしたからね。それとも比較されるだろうし。 もう一つは、リスクをどう取るか。高校野球の場合は、変わる投手を野手として残すケースが多いが、中京はそれをしなかった。普段からそういうやりかただってことなんだろうけど、結果として広陵打線に通じる投手がいなくなってしまったのは誤算だったと思う。ここでも広陵は、9回に3人目の投手を出すときに村上投手を野手として残し、後でマウンドに戻す対応で事なきを得ている。 高校野球はどうしても一発勝負であるが故に継投に慎重にならざるを得ない場面が多くなる。しかしながら投手の負担を考えると、特に層の厚いチームはもっと積極的に継投をやるべきと思っているんですが、そのときにどのようにミスをする可能性を減らすか、まだまだ考えるべき課題は多いのかなと改めて感じた試合でした。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by mino_k
  • 2017/08/11 17:33

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック