夢と現実 備忘録

ジェフ千葉 奇跡の軌跡

ジェフ千葉 奇跡の軌跡 2007年 12月1日 07年J1リーグ最終節 ホームで名古屋に0-2で敗戦 13位でシーズン終了 名古屋戦メンバー GK 立石智紀 DF 水本裕貴 中島浩司 ジョルジェビッチ MF 佐藤勇人 水野晃樹 工藤浩平 山岸智 羽生直剛 FW レイナウド 巻誠一郎 サブ 岡本昌弘 結城耕造 伊藤淳嗣 楽山孝志 米倉恒貴 新居辰基 青木孝太 12月4日 アマルオシム監督の契約解除を発表 12月21日 日本代表キャンプに 水本 水野 山岸 巻 羽生 五選手がジェフ千葉所属として選出される 2008年 1月8日 水野がセルティックへ移籍合意と報道される 1月10日 ゴールキーパー 櫛野亮が名古屋から千葉へ復帰を発表 1月11日 坂本將貴が新潟から千葉へ復帰すると発表 同日 クロアチア国籍のヨジョブ・クゼを監督として迎える新体制を発表 1月14日 クゼ監督来日 1月15日 羽生がFC東京へ移籍すると発表 1月17日 谷澤を柏レイソルから獲得すると発表     同日、佐藤勇人が京都サンガへ移籍すると発表 1月18日 山岸が川崎へ移籍すると発表     同日、水本がガンバ大阪へ移籍すると発表 1月21日 ガンバ大阪から青木良太を獲得と発表 2月24日 千葉銀カップにて柏レイソルに1-1からのPK戦で勝利 3月8日 JリーグJ1開幕。ガンバ大阪相手に0-0のドロー 開幕戦メンバー GK 立石智紀 DF 青木良太 斎藤大輔 ボスナー 坂本將貴 MF 松本憲 中島浩司 下村東美 工藤浩平 FW 青木孝太 巻誠一郎 サブ 岡本昌弘 結城耕造 市原充喜 谷澤達也 伊藤淳嗣 米倉恒貴 金沢亮 3月15日 J1第二節 ホーム開幕戦でシーズン初得点を挙げるも1-2と清水に敗れる 12位 3月30日 J1第三節 川崎フロンターレにアウェーで0-2と敗戦。この時点で17位に落ち自動降格圏へ 4月15日 役員人事発表 4月25日をもって淀川社長が退任し、三木新社長の就任と発表する。 三木新社長は1972年に日本国有鉄道・現在のJRに入社した58歳 4月19日 J1第七節 名古屋グランパスにアウェーで2-3の敗戦。 この三連敗で七戦して勝点2 新潟に抜かれ最下位18位に落ちる。 4月25日 三木新社長就任 5月6日 J1第十一節 浦和レッズにアウェーで0-3と敗戦。これで7連敗。 依然勝点2の最下位。 17位札幌との勝点差は5 15位16位との勝点差は10 12位磐田 13位東京ヴェルディとの勝点差は12 浦和戦メンバー GK 立石智紀 DF 青木良太 斎藤大輔 ボスナー 池田昇平 MF フルゴビッチ 中島浩司 下村東美 工藤浩平 FW レイナウド 苔口卓也 サブ 岡本昌弘 坂本將貴 谷澤達也 伊藤淳嗣 米倉恒貴 青木孝太 新居辰基 5月7日 ヨジョブ・クゼ監督との契約解除を発表 5月8日 アレックス・ミラー氏の新監督就任を内定 5月10日 J1第十二節 ホームで京都サンガを相手に1-0でシーズン初勝利。 指揮は澤入コーチが臨時で取った。 17位札幌との勝点差は5、14-16位との勝点差は9と、他の下位チームも勝ったため差が詰まらず 札幌戦メンバー GK 立石智紀 DF 坂本將貴 池田昇平 ボスナー 青木良太 MF 工藤浩平 斎藤大輔 下村東美 谷澤達也 FW 新居辰基 レイナウド サブ 岡本昌弘 松本憲 . 馬場憂太 伊藤淳嗣 米倉恒貴 フルゴビッチ 青木孝太 同日 アレックスミラー新監督来日 5月15日 キリンカップの日本代表に巻誠一郎が選出。20日に代表合流し、その後しばらくは日本代表に帯同。 5月17日 J1第十三節 ホームで大分トリニータに1-0で勝利 初の連勝で勝点8に 17位札幌との勝点差が2に、16位磐田との勝点差が6に縮まる 日本代表の日程のためにJリーグ中断 5月25日 ナビスコカップグループリーグ第四節 ミラー監督初采配  コンサドーレ札幌に2-1で勝利 6月4日 戸田を広島から期限付き移籍で獲得と発表 同日、結城を広島へ期限付き移籍と発表 6月8日 ナビスコカップ第六節 ホームで川崎フロンターレに勝利し三勝三分勝点12で予選通過 6月29日 Jリーグ再開。第十四節 FC東京にアウェーで1-1のドロー。 17位札幌との勝点差は1 16位神戸との勝点差7 15位京都との勝点差8 FC東京戦メンバー GK 立石智紀 DF 坂本將貴 池田昇平 戸田和幸 ボスナー 青木良太 MF 工藤浩平 斎藤大輔 下村東美 FW レイナウド 新居辰基 サブ 岡本昌弘 松本憲 中島浩司 谷澤達也 米倉恒貴 巻誠一郎 苔口卓也 7月5日 Jリーグ第十五節 アウェーで東京ヴェルディに0-3と敗戦。  アレックスミラー監督指揮下での初黒星。 17位札幌との勝点差2 16位磐田との勝点差8 15位京都との勝点差9 7月13日 Jリーグ第十六節 ホームで札幌相手に0-3と完敗 17位札幌との勝点差5 16位横浜との勝点差9 15位清水との勝点差10 15位との勝点差はクゼ監督最終戦の5月6日、初勝利以前と同じ水準に戻る。 7月16日 Jリーグ第十七節 ホームで新潟と2-2のドロー。勝点10で前半戦を終える。 17位札幌との勝点差5 16位横浜との勝点差8 15位清水との勝点差9 東京ヴェルディは14位で勝点差10 ジュビロ磐田はこの時点で12位で勝点差13 7月20日 Jリーグ第十八節 ホームでガンバ大阪に0-1で敗戦。 17位札幌と勝点差6 16位横浜と勝点差8 残留圏の15位清水との勝点差は12にまで広がる。 東京ヴェルディ・ジュビロ磐田との勝点差は残り16試合で13と最大に。 7月23日 工藤浩平が日本代表候補に選出される。 同日、楽山が広島へ期限付き移籍することを発表。 また、同日、巻がオールスターJOMOカップ2008に選出される。 7月31日 フルコビッチの契約を解除 8月6日 ナビスコカップ準々決勝 アウェーで名古屋に0-1と敗戦。 二試合合計0-2で、準々決勝敗退。 8月7日 ミシェウをブラジルから獲得 8月9日 Jリーグ第二十節 首位鹿島をホームで3-1と破る。 連勝で17位札幌と勝点で並ぶ。16位横浜と勝点差6 15位清水と勝点差8 GK 岡本昌弘 DF 坂本將貴 池田昇平 ボスナー 青木良太 MF ミシェウ 工藤浩平 下村東美 . 戸田和幸 FW 谷澤達也 巻誠一郎 サブ 立石智紀 斎藤大輔 中島浩司 米倉恒貴 松本憲 根本裕一 新居辰基 8月16日 柏レイソルにアウェーで1-1のドロー 勝点1を積み上げて最下位脱出 18位札幌に勝点1リード 16位磐田と勝点差8 15位横浜と勝点差9 8月24日 Jリーグ第二十二節 川崎にホームで0-1の敗戦 16位磐田と勝点差8 15位横浜と勝点差9は変わらず 8月25日 鹿島より深井を期限付き移籍で獲得。深井は名古屋に期限付き移籍で出ていた。 9月11日 「今こそ!WIN BY ALL!」キャンペーンスタート 9月14日 Jリーグ第二十四節 東京ヴェルディにホームで2-0の勝利。 16位磐田と勝点差5 15位横浜と勝点差6に。 連勝のスタート 9月20日 Jリーグ第二十五節 最下位札幌に激戦の末後半44分に谷澤の決勝ゴールで3-2の勝利 勝点を24に伸ばし、最下位札幌との勝点差は7に また、入れ替え戦圏の16位磐田との勝点差は2と一ゲーム差以内に。 残留圏15位横浜との勝点差6は変わらず。 9月23日 Jリーグ第二十六節 首位名古屋にホームで後半、深井、谷澤の二ゴールで逆転勝ち。 ホームで首位を撃破は、鹿島戦に続いて今季二度目 この勝利で16位へ上昇。自動降格圏を脱出。 17位磐田に勝点1リード、15位東京ヴェルディに勝点差4 9月27日 Jリーグ第二十七節 京都にアウェーで1-0の勝利。9月は四戦四勝で終了。 17位磐田に勝点1リード 15位東京ヴェルディと勝点差1まで迫る。 10月5日 Jリーグ第二十八節 ホームで浦和レッズを3-2と撃破 勝点を33に伸ばし14位と3月15日の第二節以来の残留圏へ上昇。 17位大宮、16位東京ヴェルディ、15位磐田との勝点差はわずかに1 浦和戦メンバー GK 岡本昌弘 DF 坂本將貴 池田昇平 ボスナー 青木良太 MF 工藤浩平 深井正樹 ミシェウ 下村東美 谷澤達也 FW 巻誠一郎 サブ 櫛野亮 早川知伸 斎藤大輔 戸田和幸 根本裕一 レイナウド 新居辰基 10月18日 Jリーグ第二十九節 ホームで新潟とドロー 連勝は5でストップ 勝点を1積み上げたものの15位に後退。 17位大宮、16位磐田との勝点差は2 この日、コンサドーレ札幌が五試合を残してJ2降格が決まる。 10月24日 「今こそ! WIN BY ALL!」キャンペーン継続決定 10月26日 Jリーグ第三十節 アウェーで大宮に1-2の逆転負け。 連続負けなしも7試合で止まる。 下位直接対決に敗れ16位の入れ替え戦圏へ落ちる。 17位磐田に勝点1リード 15位大宮と勝点差1 10月29日 最終節のホームでのFC東京戦のチケットが売り切れる。 11月5日 天皇杯四回戦 清水に0-1と敗れる。 ベストメンバーではない、と犬飼氏に怒られる。 清水戦メンバー GK 櫛野亮 DF 益山司 池田昇平 早川知伸 青木良太 MF 工藤浩平 戸田和幸 斎藤大輔 根本裕一 FW ミシェウ レイナウド サブ  中牧大輔 坂本將貴 下村東美 中島浩司 深井正樹 青木孝太 新居辰基 11月9日 Jリーグ第三十一節 大分との怒られダービーアウェー戦はスコアレスドロー。 磐田が勝利したため17位と自動降格圏へ落ちる。 16位東京ヴェルディと勝点差1 得失点差7 15位磐田と勝点差1 得失点差9 11月23日 Jリーグ第三十二節 横浜Fマリノスにホームで0-3と敗れる。 ヴェルディ、磐田はそろってドローで勝点差が広がる。 16位東京ヴェルディと勝点差2 得失点差10 15位磐田と勝点差2 得失点差12 11月29日 結果次第で降格が決まる可能性もあるJリーグ第三十三節 アウェーの清水戦。 巻が二ゴールを上げるも2-3と敗戦。 ヴェルディが負け、磐田もロスタイムの失点で負けたため、可能性が最終節まで残る。 16位東京ヴェルディと勝点差2 得失点差9 15位磐田と勝点差2 得失点差12 清水戦メンバー GK 岡本昌弘 DF 坂本將貴 池田昇平 ボスナー 青木良太 MF ミシェウ 下村東美 斎藤大輔 谷澤達也 FW レイナウド 巻誠一郎 サブ 櫛野亮 早川知伸 工藤浩平 深井正樹 戸田和幸 根本裕一 新居辰基 12月4日 入れ替え戦になった場合のチケット販売発表を公表 12月6日 Jリーグ第三十四節 ホームでFC東京に0-2から四得点で逆転勝利。 東京ヴェルディ、ジュビロ磐田がそろって敗れたため15位に浮上。J1残留を決める。 FC東京戦メンバー GK 櫛野亮 DF 坂本將貴 池田昇平 早川知伸 青木良太 MF ミシェウ 戸田和幸 工藤浩平 深井正樹 FW レイナウド 巻誠一郎 サブ 岡本昌弘 斎藤大輔 下村東美 中島浩司 谷澤達也 根本裕一 新居辰基 記録 J1リーグ戦 34試合 10勝8分16敗 勝点38 得点36 失点53 得失点-17 無失点ゲーム9試合 無得点ゲーム13試合 ホームゲーム  7勝2分8敗 アウェーゲーム 3勝6分8敗 ミラー監督就任・采配開始後 21試合 8勝6分7敗 勝点30 ホームゲーム 5勝1分4敗 勝点16 アウェーゲーム 3勝5分3敗 勝点14 昨年最終戦と今シーズン最終戦でどちらもスタメンだった選手の数 3 巻 レイナウド 工藤 昨年最終戦も今シーズン最終戦、どちらもベンチ入り(スタメン含む)した選手の数 6 巻 レイナウド 工藤 中島 岡本 新居 開幕戦と最終戦でどちらもスタメンだった選手の数 4 巻 工藤 坂本 青木良太 開幕戦と最終戦でどちらもベンチ入り(スタメン含む)した選手の数 9 巻 工藤 坂本 青木良太 斉藤 中島 下村 岡本 谷澤 得点者 巻 得点11 谷澤 得点7 深井 得点4 新居 得点3 レイナウド 得点2 工藤 得点2 ボスナー 得点2 ミシェウ 得点1 青木良太 得点1 斉藤 得点1 坂本 得点1 伊藤 得点1 合計 36 リーグ戦出場選手 33人 ベンチ入り経験者 34人 出場時間1836分以上(6割) 下村 33試合 2873分 坂本 32試合 2726分 工藤 32試合 2478分 ボスナー 30試合 2636分 巻  30試合 2235分 青木良太 29試合 2463分 谷澤 28試合 2069分 池田 27試合 2414分 岡本 21試合 1890分 その他20試合以上出場者 斉藤 24試合 1585分 レイナウド 23試合 1156分 新居 23試合 1329分 総カード枚数64 一発レッドカード0 イエローカード二枚で退場3 第三十三節 ボスナー 第二十一節 戸田 第三節 米倉 カード枚数 ボスナー 13枚 レイナウド・下村 6枚 巻・中島 4枚 坂本・斉藤・新居・池田・谷澤・青木良太・フルコビッチ・戸田 3枚 米倉・ミシェウ 2枚 工藤・楽山・早川 1枚 ホームゲーム観客動員数 239.436人 一試合平均14,084人 「今こそ! WIN BY ALL!」 Complete!

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by minor
  • 2008/12/07 15:50

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック

[スポーツ][サッカー][Jリーグ]残留争いは今年も熱かった