夢と現実 備忘録

樋口新葉のグランプリファイナル進出条件

ここでは、樋口新葉が、グランプリファイナルに出られない条件はどういったときであろうか、を考察する

樋口は、二試合に出場し二位と三位、二試合の合計で419.69ポイントの得点であった

この樋口の成績を上回る選手が6人以上いた場合、グランプリファイナルへの出場権が得られなくなる。

順位は、合計が5以内であることが必要で、順位の合計が5で並んだ場合は、最上位の順位が小さい方が上になる それも同じ場合は二試合の合計ポイントが高い方が上になる

すなわち、樋口を上回る可能性のある選手は、以下の条件となる

① 一試合目で4位以内に入っていて、二試合目の出場権を持っていること ② まだ一試合も出場していないこと

なお、二試合出場済みで樋口を上回っている選手はいない

①ないしは②の条件を満たす選手は以下である ① メドベデワ、コストナー オズモンド、ソツコワ、ワグナー ザキトワ 三原 ② 宮原 白岩 レオノワ ツルスカヤ ライチョバー

合計12選手である

ここでは、今後のケガや病気による欠場は基本的には考慮しないものとする

このうち、一試合目で優勝した選手は二試合目に四位以内であれば樋口を上回る メドベデワ、オズモンド、ザキトワの三人 メドベデワはNHK杯に出場するが、ここで5位以下になる構図は、ケガや病欠以外で考えられないだろう オズモンドとザキトワは5試合目のフランスでの出場であるが、ここで5位以下にどちらかがなる可能性は、顔ぶれを見る限りだと全くないとは言い切れない ソツコワ、三原、トゥクタミシェワ、エドモンズあたりがそろって好演技をして、自分がミスを連発すればないことはない ただ、ここでは、4位以内には入ってくる可能性は高いであろうと考えて、当確とする 現実問題として、この2人が5位以下になる条件を設定すると、条件設定が多すぎて検討が厳しすぎるというのがある

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by minor
  • 2017/11/07 23:12

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

樋口新葉のグランプリファイナル進出条件

第4戦は宮原が順調に回復していれば、メドベージェワ、宮原、コストナーの順?宮原の回復次第では順位が入れ替わってコストナーが2位抜け?
第5戦の三原はザギトワ、オズモンド、ソツコワ相手なのでかなり厳しいか?でもここで1位獲れるレベルだと文句なし平昌の表彰台だからねぇ。なんとか頑張ってほしい。
第6戦のワグナーはラッキーか?宮原の状態次第だけど、全日本~平昌で燃え尽きてお休みも有りかも?とするとワグナーの相手は坂本、デールマンになるので第5戦とはかなり難度が違う?
ということで今回のNHK杯の宮原の状態、コストナーの順位と得点でかなり見えてきますね。

posted by kabukabu
コメント投稿者ID:TCE00079722
2017/11/09 15:52
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック