夢と現実 備忘録

NHK杯後 女子シングル グランプリファイナル進出条件1

ワグナーが3位の場合は、絶対に進出不可能ということはないですが、可能性論としてはかなり萎むことになります

ツルスカヤはワグナーと同じ初戦3位ですが、初戦のポイントがだいぶ高いのでかなり有利です 優勝ならファイナル確定で、2位でもかなりの高確率でファイナルへ進めます これは、2位になったときに樋口を上回ることができる可能性がかなりあるためです

Ⅴ-a ザキトワが5位以下である Ⅴ-b オズモンドが5位以下である Ⅴ-c 三原が優勝しない Ⅴ-d ソツコワが4位以下か3位なら自分の2戦目のポイントより17.67ポイント以上上へ行かれていない Ⅴ-e ワグナーが3位以下である Ⅴ-f ツルスカヤが209.50より高いポイントである

この6つのうち3つ以上が満たされることが必要です ソツコワが3位の場合にだいぶ高いポイントをとってもまだ大丈夫なところもワグナーより優位な点です

ツルスカヤも3位になってしまうとかなり苦しく、極めて限定的な条件でしか、ファイナルに残る可能性はなくなってきます

こうしてみると、ザキトワオズモンドがかなり有力で、それに次いでツルスカヤとソツコワがいて、ワグナーはやや苦しいという情勢でしょうか

展開次第ではロシア4にイタリアカナダの6名で、日米がファイナルなし、という可能性がだいぶ出てきたという情勢になっています

というわけで、これであと樋口と、三原、宮原、坂本 と残っていますが、日本人四選手の可能性については、別の記事としましょう

4ページ中4ページ目を表示

  • posted by minor
  • 2017/11/15 00:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック