猫に小判

新型エスパルスの守備の弱点と攻撃の変化

■新型エスパルスの守備と懸念ポイント 現在のエスパルスの守備なんですが、レギュラーCBであるカヌと二見の持ち味というか武器はフィジカルの強さです。ガチンコのフィールドファイトでは負けません。ただそれは、ある条件下のみ有効です。

開幕当初と比べると、繋ぐことより跳ね返せることに重きを置いています。カヌがスタメンに入った16節のセレッソ戦から、基本的には守備はリトリート。18節のガンバ戦は前から潰しに行きましたが、現行のエスパルスの守備ではハメどころはカヌのところです。空中戦はもちろんのこと、跳ね返すこと全般においてカヌはしっかり役割を遂行してくれます。二見も強いので安心してみていられます。 J1版清水エスパルスの変化/J1仕様への試行錯誤

この2人がCBとして強さを見せられる条件は、「リトリートで守っている」ということです。唯一ラインを高くして勝てたガンバ戦はハイプレスで嵌めるのに条件が整い過ぎていた。相手が連戦続きだったとか、ガンバの前線が全くボールを納められなかったとか、健太の采配ミスとか。守備というのは基本的に相手のコンディションや戦術に左右されます。セレッソ戦みたいにリトリートで上手く嵌めることができれば空中戦に強い相手でもシャットアウトできます。ですが、この前の柏戦みたいに「来れるか来れるかよ~し来い来い、よ~し来た来た、はい、よくできまちた~」でライン上げて攻めさせられてカウンタースコーンという展開はむしろノーサンキューです。あくまでリトリートに秀でたコンビであって、あれだけSBが上がってあれだけライン上げてあれだけ柏がサイドを目いっぱい使っていたら

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by nekoni-koban
  • 2017/09/04 00:03

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック