猫に小判

ジュビロ伝説のトライアングルとFC東京のジュビロ対策/静岡ダービーに向けて

引いていく俊輔は捨てるというFC東京の守備戦術は、前半はジュビロにイニシアチブを握られるという結末になる。前半は俊輔を中心とした後方のビルドアップ隊でボールをおちょくられる展開が続き、アダイウトンと川又に裏を狙われる。この際ジュビロは、FC東京の2ボランチである高萩と東を山田と川辺でピン止め。大久保と前田が来ればサイドが空くので櫻内と宮崎でビルドアップすればいい。ジュビロからすれば俊輔を中心としたビルドアップは円滑に進んだ。 ■伝説のトライアングルと名波ジュビロのラストピース トップ下から降りてくる名波を起点としたビルドアップ。この時、トップ下のポジションには誰もいない状況となり、空洞となるトップ下は相手の支配下に置かれる。 3バックを基本としていたかつてのジュビロは、3-5-2でワイドにウイングバックを置く。このポジションを担当していたのが“背番号10”の藤田俊哉。こちらもトップ下が本職ではあるが、名波が席に座っているときはサイドにポジションを変えていた。

ポジションを落とす名波とポジションを上げる藤田。円滑に進むビルドアップに、崩す際には得点力抜群の10番が控える。縦のポジションチェンジでかく乱しつつ、ボールを運ぶ。

3バックを採用したチームにおいて、ウイングバックがサイドから姿を消すと、幅を取る唯一の存在が消えることとなり、サイドを捨てることを意味する。この当時は3バックの一角が頻繁に攻め上がることはなかったため、基本はサイドアタッカーを使っていた。しかし藤田を使ったサイドにおいて、この空いたサイドの問題をどうしたのか。

7ページ中3ページ目を表示

  • posted by nekoni-koban
  • 2017/10/12 23:14

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック