猫に小判

田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ

こんにちは。お久しぶりです。最後に記事書いてから、早半月です。気づけば2ndステージも半分終えています。

さて、田坂体制となり4試合を経過して2分け2敗です。勝ちがありません。今回は田坂体制後のエスパルスを見ていきたいんですが、まず最初に、大榎体制の守備から見ていきたいと思います。 大榎体制における守備はと言うと、「ボールを中心に」が合言葉で、要は「ボールを狩る」ということなんですね。相手選手のポジショニングどうこうより、兎にも角にもボールなんだ、この世はボールを中心に回っているんだ、というわけで、風間八宏の考え方に似てます。その風間の考え方はと言うと

「サイドに追い込もうか、中央に追い込もうが、結局は相手のミスを待つという発想だよな? そういうやり方だと、基本的に相手がミスをしてくれない限り、ボールを奪えないんだよ」 「じゃあ、どうやったらボールを奪えるかというと、敵と味方の位置を見て、コースを切りながら距離を縮めて、相手がパスを出せない体制になったときに一気に取りに行く。結局、ボールを奪うというのは、個人戦術なんだよ」 革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする 著者風間八宏/木崎伸也 発行KANZEN 160項より引用

これです。

相手のミスに乗じて奪うのではなく、ボール保持者にプレッシャーをかけて、ボールをハントすること。相手というより、自分たち次第の守備なわけです。このスタイルを具現化したチームで挙げるとすれば、ロジャー・シュミット率いるレバークーゼンです。以前「フットボリスタ」という雑誌でシュミットがボール中心の守備について語っていましたので引用します。

8ページ中1ページ目を表示

  • posted by nekoni-koban
  • 2015/09/09 00:25

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック