猫に小判

❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭

話を始める前に、まずこの記事を読んでいるエスパルスサポの方に質問します。

「清水のサッカー」って何ですか?

では、この記事を読むエスパルス以外のサポ、他サポの方に聞きます。

あなたの応援しているチームのサッカーって何ですか? 何が言いたいかというと、まず「清水、静岡」にとってのサッカーとは何か。「清水エスパルス」にとってのサッカーとは何か。またこの2つに違いはあるのか。

例えば「ガンバ大阪のサッカー」はあっても、「大阪、吹田のサッカー」はあるだろうか。マリノスのサッカーはあっても、横浜や神奈川のサッカーって言われて、あなたは答えられるだろうか。

「清水のサッカー」と聞かれて何を思い浮かべるか。テクニックに優れた選手が集まり、華麗でブラジルのようなサッカーと思い浮かべる人が多いと思う。第29回のフットボールサミット内では、「パスサッカーとサイド攻撃」と書かれている。サッカーにおいて清水という地域は、サッカーの価値観や環境、スタイルが存在する特別な場所なのだ。しかし、今回の降格はこの「”かつての”清水のサッカー」が幻影となり、悩ましてきた。 ■追い求めた大榎克己 大榎克己が求めた「清水エスパルスのサッカー」 かつて高校サッカーの頂点に君臨した清水のテクニカルなスタイルは、大榎自身がプレーヤーとして体現し、成功を収めたものだ。しかし、そのスタイルは”かつての”スタイルであり、三羽烏が頂点に立ってから30年以上もたっている。これまでデータを用いて、現代サッカーの特徴は非常に革新的であると表された。つい2,3年前のスタイルでさえ時代遅れとされるのだから、30年も前のスタイルなどもはや論外である。

12ページ中1ページ目を表示

  • posted by nekoni-koban
  • 2015/12/20 00:32

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック