幕下相撲の知られざる世界

デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?

デーモン閣下のサンデースポーツでの問題提議が話題になっている。

場所中にも指摘したように、白鵬の土俵態度は 100人が見れば100人が素晴らしいと感じるものでない実情が有る。

張り差しやカチ上げなどの有無を言わせぬ打撃技、 立ち合いの駆け引き、 勝負が決した後でのダメ押し、 そして、汗を拭かない。

フラットに見て、これを全て不問にすることは出来ない。

とはいえ、ルールのグレイゾーンの中で 時にその境界線を攻めることは、相撲をより エキサイティングにすることも否めない。 格下が格上に立ち向かったり、 体格面で明らかに劣っているものが奇襲として これらを選択することは、逆に観客の心を掴むことも有る。

だからこそ、これらはルールの中で明文化されていない。

そこに不文律として存在するのは、ルールが無ければ 無法地帯になることは明白であり、 だからこそ抑止力が働かねばならない。

そういう意味で、親方衆がこれらを注意するのは 実に理に適っていると言える。

だが、白鵬にはそれが作用しない。 それ故に白鵬は今、こうした行為を日常的に行っている。 白鵬なら、何をしてもいいのだろうか? 相撲界の顔が、議論の対象たる行為ばかりに手を染めていいのだろうか?

相撲界の恩人たる彼が、今大きく道を誤ろうとしている。 苦しい時に相撲界を盛り立てた白鵬だから、 相撲界のあるべき姿を体現した白鵬だから、 今こそ、あるべき姿を提示しなくてはならない。 たとえそれが、白鵬を傷つけることになっても。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by nihiljapk
  • 2014/07/29 22:38

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?

ボクは、ルール内であれば何をしても構わないと思います。
ただし、もし反則ギリギリの事をするなら、同じ事をされても文句を言うなよ?とも思いますが。

ただ、相手を壊すのは大問題ですね。
もしそれが故意なら、出場停止などの措置をとるべきです。

また、勝負であると同時に興行なのですから、最高位の者はそこに気を使うべきではあるとも思います。
その興行によって彼は、最も利益を得ているわけですからね。

posted by dream1893
コメント投稿者ID:dream1893
2014/07/30 07:14
コメント支持(24)

デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?

細かいことですが、「問題定義」は、「問題提起」ではないでしょうか?
内容については全く同感です。
「相撲道」と道が付いている意味を考えるべきです。
とはいえ、朝青龍のときも同様でしたね。

posted by nomura5550
コメント投稿者ID:nomura5550
2014/07/31 10:53
コメント支持(21)

よく読まれている記事
トラックバック