幕下相撲の知られざる世界

日馬富士暴行疑惑に、厳しい処分を求める理由。

寝耳に水とは、正にこのことだ。 日馬富士が、貴ノ岩をビール瓶で殴ったというのだ。

怒りというより、困惑。 困惑というより、動揺。 それが、この不祥事疑惑に対する私の印象だ。

まずは事実関係を究明してほしい。ただ、これだけのことが表沙汰になった以上、事実無根ということは恐らく無いだろう。

問題は、この後の処分ということになる。

一日馬富士ファンとしては、寛大な処分を求めたい一方で、相撲ファンとして、相撲ライターとしては一般人にも届く程度の処分を求めざるを得ない。

言うまでもなく、日馬富士は人気低迷期の大相撲を支え続けた横綱だ。小さな体で全身全霊という言葉に相応しい相撲と生き様を見せ続けてきた。その生き方を象徴するのが、先の9月場所の優勝だった。

怪我人が続出する中で、自身も不調に喘ぐ中でも、彼は出場することを選び、最高の結果をもたらした。あの15日間を私は忘れることは無いと思う。それだけ素晴らしい精神性と、力士としての強さを2ヶ月前日馬富士は見せてくれた。

だからこそ、その対極にある今回の暴行事件は罰せられねばならない。

数年前にああいう問題が起きた。力士たちは目の前の力士との闘いではなく、世間の好奇の眼差しとの闘いを求められた。そして、地道な努力の甲斐あって、大相撲は信頼を回復した。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by nihiljapk
  • 2017/11/14 07:23

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

「日馬富士暴行疑惑に、厳しい処分を求める理由。」へのコメント

事実でないならさっさと相撲協会への名誉毀損でスポニチを訴える必要があるのに理事でもある貴乃花親方がノーコメントなのは、
「かわいがりの延長戦とみなされてあわよくば世間が忘れてくれないかなあ」
という認識だからでしょう。
さっさとクロにして横綱を解雇して逮捕させるだけならそんなに大層なことではないですが、それによってBPOとやらに煽られたNHKが放送止めるのはまず間違いないだろうしそうなると興行自体できるかどうか・・・
そうなると貴ノ岩も貴乃花親方も詰んでしまうわけです。
貴乃花親方だけでなく速やかにかつせめて日馬富士以外の力士がつつがなく生きていける方法を必死に探していると思われます。

posted by 碧海
コメント投稿者ID:TCE00075817
2017/11/14 10:17
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック