愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~

第93回箱根駅伝出場を逃したこちらの2校だが、補強面では大成功を収めた印象を受けた。

ここから箱根駅伝返り咲きをしてくるのではないかと俄然注目が集まっている。

★中央大学

【主な卒業生】(※記録は92回大会)

町澤大雅 1区区間3位

市田拓海 3区区間16位

鈴木修平 4区区間17位

谷本拓巳 6区区間7位

相馬一生 9区区間19位

【主な新入生】

14.12.26 畝 拓夢 (倉敷)

14.18.26 眞田 翼 (浜松商) 

14.21.98 加井虎造 (西脇工)

14.26.65 池田勘汰 (玉野光南)

14.28.99 大森太楽 (鳥取城北)

14.33.86 三須健乃介(韮山)

エースとしてチームを牽引した町澤選手を中心に力のある選手が多かった世代が抜ける。

箱根駅伝を走った経験はなくとも小池選手や渥美選手、新垣選手なども走力の高さには定評があり彼らが最上級生だった今季は決して弱いチームではなかった。

それでも、箱根駅伝の結果でも見えるように中々ロードで力を発揮することができず、かつてのような安定してシードを守れた時代ではなくなった。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by noburin
  • 2017/03/21 08:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック