愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

第29回出雲駅伝総括~青山学院の敗因は何だったのか~

2年連続3冠という前人未到の偉業に挑んだ青山学院だったが、大学駅伝初戦となる出雲駅伝で2位に終わり夢は潰えることとなった。

これまで優勝という言葉をあまり公言していなかったものの、大会前では出雲路に対する自信を匂わせ勝てるイメージはあったはずだった。

しかし、結果は東海大学のスピードに終盤付いていくことができず1分30秒以上の差をつけられ完敗。

チーム力としては昨年と同じくらいだと感じていたが、区間と距離が短い出雲では個々の走力が大きなウエートを占める。

そう考えた時、エース・一色選手の穴は予想以上に大きいものだと痛感した。

昨年の青山学院の勝ちパターンを逆に東海にされたような印象だった。

アンカーにエースを配置することによって、5区までは先行しなくても並走、最悪見える位置で繋ぎさえすれば逆転の算段が立つ。

前回の青山学院はアンカーに絶対的なエースがいたことにより全員が気負いなく走れ、同学年の選手は一色選手に頼り切らない意地を見せ、本来以上の力を発揮した。

笑顔のタスキリレーが代名詞の青山学院だが、今回のレースでは苦しい表情が目立ってしまったように思う。

対して、東海は2年世代を5人起用したことにより、それぞれのライバル意識がプラスに働いた。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by noburin
  • 2017/10/11 06:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック