ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義

待ちに待ったこの日がやってきました。

先週日曜日に東京競馬場で行われた第83回日本ダービー。

騎手になる前の子供時代から何十年もこのレースを観てきましたが、これほどハイレベルなメンバー構成となったダービーは記憶にありません。

過去を振り返っても、時代を代表する圧倒的なスターホースがいたり、2強や3強と呼ばれるライバル同士の熱い戦いがあったりと記憶に残るものばかりですが、今年のダービーは圧倒的な3強プラスGⅠ級が2~3頭という皐月賞を経て、5強とも6強ともいえるような、どの馬が勝っても文句なしの力を持ったメンバーが揃いました。

そして期待通り、大変に見ごたえある素晴らしいレースとなりましたね。

第83代ダービー馬に輝いたのは、2着馬をハナ差退けた単勝3番人気マカヒキ。

鞍上の川田騎手はこのレース、後方からレースを進めて外を回り2着に突っ込んできた前走・皐月賞と乗り方を変えてきました。

勝てなかったとはいえ、これまでずっとこの馬の鋭い末脚により好成績を残してきたのだから、今回も同じように乗って馬の持ち味を十分に引き出すことを考えるのが普通です。

そこをあえて6・7番手を取りに行ってインで脚をため、外には出さずに馬群を割ってきました。

ダービーで勝つために熟考した結果がこの乗り方だったのでしょうが、かなり勇気のいる騎乗です。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by onishi-naohiro
  • 2016/06/02 12:19

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック