ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点

9月に入りようやく暑さが和らいできました。

秋の開催が始まった阪神競馬場ではサマースプリントシリーズ最終戦のGⅡレース、第30回セントウルSが行われました。

まず僕が注目したのは1番人気ビッグアーサー。

3月の高松宮記念を優勝して以来5か月半ぶりの出走ですがやはり実績が抜けていますからね、どんなレースをするか注目していました。

結果は想定通りの逃げ切り勝ちで、それも2着馬に1馬身差をつける圧倒的な内容。

これまで逃げたことがなく初めてでこういう競馬ができるのは、馬体が充実している証拠でしょう。

ビッグアーサーは5歳馬ですがレースは今回で12戦目、3歳時は1戦(デビュー勝ち)のみで、4歳になった昨年だけで一気にクラスを駆け上がり重賞でも上位に入るレベルにまで上がってきました。

今までの最低着順が5着ということからも、いかに安定した走りができるかがわかります。

特に今年に入ってからは馬がぐんと充実し、パワーアップされた馬体がとても目立つようになりました。

今回も休み明けながら馬の気力・体力は最高に近く、鞍上の福永騎手は逃げる気がなかったようですが、グイグイと自分からハミを取って先頭に立っていきました。

騎手としては無理に抑えこもうとして馬と喧嘩し、折り合いを欠いて悪い結果に終わることだけは是が非でも避けたいこと、ですからそのままビッグアーサーの行きたいように行かせたのでしょうが、それが良い結果を生んだわけですね。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by onishi-naohiro
  • 2016/09/14 20:54

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック