ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね

11月の終わり、今年の東京競馬開催見納めとなる先週は、今年36回目を迎えるジャパンカップが行われました。

優勝賞金3億円の大レース、制したのは1番人気キタサンブラック。

オーナーが北島三郎氏であるため、GⅠレースでも普段はあまり競馬の話題がないニュース番組やワイドショーでも大きく取り上げられて、注目度の高い華やかな勝利となりました。

キタサンブラックは逃げてこそ力を発揮する馬ですが、今回は1枠1番を引き当てたことで運を一気に引き寄せた感じがします。

ゲートが開くと同時に素早く反応し出てゆく、あの絶妙なタイミングは鞍上が狙ったものではなく、この馬が持つ天性のもの。普通は押していって前に出すところを、鞍上の武豊騎手は手綱をしごいたりせず長手綱のまま、あっさり先手を取って1コーナーへ。

他馬からも競りかけられなかったためマイペースに持ちこめました。

1000m通過が1分01秒7というかなり遅い流れになり、他の16人のジョッキーは誰一人として競りかけず、また早めに動くわけでもなく、まるで武豊騎手に勝ってくださいと言わんばかりに沈黙を貫き、淡々とレースは流れていきました。

レースの格が上がれば上がるほど乗っている騎手たちは動けなくなります。

無理にハナを奪う、あるいは早めに仕掛けるなど自分から動いてしまえば、東京競馬場の長い直線で最後、間違いなく脚が鈍ってしまうだろうと思うからです。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by onishi-naohiro
  • 2016/11/30 20:47

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック