やっぱりカープがナンバーワン❗️

心優しいアンパンマン❗

リーグ戦再開後3戦目❗ カープはここまで8連勝❗ そして、ここマツダでは9連勝中❗ しかし、負けていい試合はありません。 目の前の一戦一戦が大事です。

対阪神12回戦 @マツダスタジアムです。

先発は中11日の戸田。 思い返せばこの連勝はこの戸田から始まりました。 立ち上がりはどうか。

1番鳥谷。 いきなりのBDソングで始まりました。 今日鳥谷誕生日だったんですね。 ショートゴロでワンアウト。 2番西岡。 いいカーブでカウントを取りました。 西岡はちょっとやられたという表情。 またショートゴロでしたが、コースケの足下が緩くて足を取られ、ちょっと危なかったです。 足首大丈夫か? ファースト間に合ってツーアウト。 3番福留。 あれ? 今日は3番なんですね。 ラストボールは顔に近い危ない球。 顔付近の球をよけただけなのに、空振り三振とは・・・。 これはなんか気が悪いです。

今日は福留の怒りの一撃に注意❗

でも、戸田上々の立ち上がりでした。

1回裏のカープの攻撃。 阪神の先発は岩貞。 カープはこれまで幸い負けてはいませんが、4試合で27個という三振の山を築いてきました。 先頭のコースケ。 空振り三振。 2番菊池。 右中間にはじき返しましたが、センター中谷がドンピシャのダイビングキャッチ❗ 超ファインプレー❗ やられました。 3番丸。 ストレートのフォアボール。 ツーアウトから出塁。 ワンアウト1塁で4番ルナ。 1-2からの4球目。 いい当たりでしたが、ショートライナー。 定位置ならセンター前でしたね。 残念。

10ページ中1ページ目を表示

  • posted by 超残菊
  • 2016/06/26 17:40

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(4)

心優しいアンパンマン❗

コメント失礼します。
5回裏の會澤の走塁について、ラジオ解説で達川さんがフォローを入れていました。
ああいうケースで2塁からタッチアップするかハーフウェイにするかは、チームで方針が決められており、會澤はその方針にしたがったのだろうとのことでした。(うろおぼえで正確さに欠けてるかもしれません)

posted by musaberata
コメント投稿者ID:TCE00072228
2016/06/26 19:57
コメント支持(0)

そうでしたか。

musaberata様、コメントありがとうございます❗
そうでしたか〜。
サインはその都度、その都度変わるのでしょうかね。
それとも選手によるのかな。
昨日は菊池が初回にもっと浅いセンターフライでセカンドからタッチアップしましたし、前の日曜日だったか、誠也が大きなレフトフライでセカンドからタッチアップしたので、いつでも当然前の塁を狙う方針だと思っていました。
會澤なので、普通のフライでは無理と思いましたが、あの打球はかなり大きかったので、落ちるのを見てからでもホームに帰れると思いましたし、タッチアップも出来る準備が普通かなと。
なかなか難しいものですね。
J SPORTSでは解説の山崎隆造がちょっと残念な走塁と言っていました。
セオリー的にはハーフウェイですが、ハーフウェイの場所がちょっと行きすぎましたかねと。
落ちると決めつけた走塁だったというようなことを言っていました。
結局サードまで行っていても得点には繋がらなかった展開でしたが、なかなか点が取れない投手なので、一つ一つの細かいプレーの積み重ねが大事だと感じました。
コメントありがとうございました。

posted by 超残菊
コメント投稿者ID:popeyecocoa
2016/06/26 21:10
コメント支持(0)

うれしいです

大方の皆さんが予想していなかったような「神ってる」展開に、うれしいけれど、あまりにもそれがうれしすぎてちょっと恐ろしくなっているココです。

ケガはこわいですね。勝ったからいいという問題ではありません。どちらであってもあういう状況は起こり得ることで、それだけに本当に大事に至っていないことを願うことしかできません。中谷選手は、昨日は二度もすばらしいキャッチをしていました。カープの勝負強い終盤での追い上げを十分知っているからこそ、このボールを取らねば、そして取れば延長という思いが、結果、深く追い過ぎて、交錯してしまったのかな。歓声もひときわでしたでしょうし、難しいですね。
どうぞ俊介選手、早いご回復をお祈りしています。7月の甲子園で元気になられて、また戦いましょう。

運やツキを呼び込む素地が今、カープにあるんでしょうね。初優勝の年に、ルーツ監督がチームに勝てるイメージを植え付け、選手個々へ具体的な指示を出し、「勝てる」という意識を持たせ、チーム全体の気持ちを上げていったとは知られているところですが、「優勝を目指して・・」と松山がはっきりとヒロインで話したように、このいいチームの雰囲気と流れを大切に、一戦一戦戦っていけるといいですね。
チーム・選手もファンも双方が「なんとかなるんじゃないか」という期待や思いを持っている。それが今とても大きな目に見えない力になって、いい効果が出ていますね(喜びましょう)。
そして、秋には長い間待ち望んだ優勝ができることを信じよう!

posted by ココ
コメント投稿者ID:haruharu55
2016/06/27 08:26
コメント支持(0)

繋ぎの野球❗

ココさん、コメントありがとうございます❗
俊介選手は右手と右足に怪我を負って、その重症度の詳細は不明です。
登録抹消なので、ごく軽いものではなかったと思われます。
とにかく早く回復してくれることを祈ります。
カープでは残念ながら庄司が抹消。
これは投手登録の既定路線だったと思われますが、結果を残して次の登録に繋げて欲しかったと思います。
ここ最近のカープの勢いはすごく、選手の頑張りにファンも乗せられてその気になっているので、最終回ビハインドでも本当の最後のワンアウトまで諦めることはないですね❗
選手もファンも同じ気持ちだと思います。
8回裏の円陣で、石井コーチが「もう一回我慢して繋いでいこう❗」と試合前に伝えた見極めを再確認したらしいです。
このタイミングでの円陣にも驚きましたし、結果、9回に、みんなが繋ぐ意識で単打を打っていったところに、今年のカープのすばらしさをみました。
ランナーが一人出て、ツーランならサヨナラ❗
この場面、誠也は強振せずに、しっかり叩いたセンター前❗
これは、繋げば後の選手が何とかしてくれるという意識に他なりません。
サヨナラHRを打って試合を決めてきた男の、見事な繋ぎのバッティングでした。
これに応えたあつも素晴らしかった。
こうして、カープの全員野球が実を結びつつありますね。
明日から、またゲームがあります。
ファンも選手の頑張りに応えるべく、一生懸命応援したいですね。
コメントありがとうございました。

posted by 超残菊
コメント投稿者ID:popeyecocoa
2016/06/27 16:31
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック