Ready...Play!

モントリオール3日目、錦織がモンフィスに大逆転負け 明日の注目カードはズベレフ対キリオス!

■錦織がモンフィスに逆転負け やはりこの話題に触れないわけにはいかないでしょう……。 錦織はモンフィスに6−7,7-5,7-6の逆転負けを喫しました。 2ndセットは5-2、ファイナルセットは5-3、さらにタイブレークは4本ものマッチポイントを握っての逆転負けと、悔やまれる一戦になりました。

錦織を見ていて気になったのは、フォアハンドの調子があまり良くないのではないか、という点です。 以前よりも手首を固定するようにして打つフラット気味のショットや、スピンをきつめに掛けた入れに行くようなショットが目立ち、反対にブリスベンのワウリンカ戦で随所に見られた、コートに突き刺さるような高速トップスピンがほとんど見られなくなっています。 手首の不調が大きな一因だとは思いますが、このままフォアハンドのクォリティが戻らないようだと、成績向上も望めないでしょう、というのが正直なところです。

反対にモンフィスは、持ち前の守備力は勿論、ごく稀に見られる攻撃モードがはまっての勝利となりました。

モンフィスのフォアハンドは、ボールの上を通して面が下を向いてフォロースルーする、というやや特殊なもので、それ故に安定性にやや欠ける傾向があります。 普段のモンフィスはこの欠点をスピンを軸にした粘りのテニスを展開することで補っているのですが、万策尽きたような時、あるいはここぞというときには、このフォアハンドで思いっきりハードヒットする攻撃的な試合運びを見せることがあります。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by readyforplay
  • 2017/08/10 23:07

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック