スポーツマーケティングレポート

UEFAチャンピオンズリーグ決勝 バルセロナvs.ユベントス、ピッチ外の戦い

6月6日(土)、ベルリンのオリンピア・シュタディオンで、欧州サッカー最大のイベント「UEFAチャンピオンズリーグ」の決勝、バルセロナvs.ユベントス戦が開催されます。

ピッチ上では最も成功していると言える2クラブですが、レピュコムではオフザピッチでの調査を行いました。データを比較してみると、やはり、バルセロナの優位性が目立ちます。

年間のテレビとラジオの放映権料は、バルセロナが1億6100万ユーロ(222億円)、ユベントスが1億5100万ユーロ(209億円)とほぼ同じですが、スポンサーシップや広告収入では大きく差がつきました。

2013/14シーズンのデータでは、ユベントスの6000万ユーロ(83億円)に対し、バルセロナは1億6000万ユーロ(221億円)と倍以上。スポンサーの数では、ユベントスの27に対し、バルセロナは36の契約が結ばれています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2015/06/03 22:13

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック