スポーツマーケティングレポート

世界のラグビーに関する調査 Part.1:欧州でラグビーは人気?

ラグビーワールドカップに先駆けて、世界各国のレピュコムの専門家がラグビーというスポーツの商業的側面について調べました。パート1はラグビーファンとその興味レベルについて焦点を当てています。まずは各国でのラグビーに関する興味レベルに関してです。

◆イギリス

イギリス(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)で、ラグビーはここ数年間、スポーツのトップ3の位置を占めています。特にその人気はイギリス国内で行われるニュージーランドやオーストラリア、南アフリカと行われる秋のテストマッチ(国際親善試合)や、シックスネーションズ(欧州6カ国対抗戦/英4カ国、フランス、イタリアが参加)でピークに達します。

ラグビーはウェールズでは際立って人気No.1のスポーツ、アイルランドでは2番目、イングランドとスコットランドでは3番目に人気のスポーツです。

◆フランス

ラグビーはフランス国内での人気スポーツとしての地位を確立しています。フランス人にとってラグビーは3本の指に入る人気のスポーツで、それはフランス代表チーム(ワールドカップで3度の準優勝)や各クラブの好成績が要因に挙げられます。今回のワールドカップでその人気もさらに上がるでしょう。

今回のワールドカップはヨーロッパ(イギリス)で開催されるため、時差もなく絶好のチャンスです。フランスでは2大チャンネルで放映されるため、ワールドカップの露出も大きくなるでしょう。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2015/09/18 22:00

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック