スポーツマーケティングレポート

プレミアリーグに流れ込む巨額の海外マネー。欧州サッカー、ユニホームスポンサーの動向

レピュコムの『EUROPEAN FOOTBALL JERSEY REPORT 2015/2016』によると、欧州6大リーグでは、ユニフォームスポンサーの投資総額が前のシーズンよりも13%増加しました。

イングランドのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガ、スペインのリーガ・エスパニョーラ(プリメーラディヴィジョン)、フランスのリーグアン、イタリアのセリエA、オランダのエールディビジにおけるユニフォームスポンサーは、2014/15シーズンの7億3600万ユーロから2015/16シーズンは8億3000万ユーロに成長しました。

最も急激な伸び率を示したのはプレミアリーグ。昨年からは35%増で、2億4400万ユーロから3億3000万ユーロとなりました。その総額は、ヨーロッパ6大リーグの全体のうち40%弱を占めています。

海外からの投資は、マーケットの成長を加速させている最も大きな要素であり、その投資総額は、ユニフォームスポンサーの総額の62%を占め、2014/15シーズンの59%からアップしています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2016/04/20 16:31

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック