スポーツマーケティングレポート

世界ではシャラポワ、日本では浅田真央。最も影響力のある女性アスリート

世界的なスポーツマーケティング会社「レピュコム」では、女性アスリートの影響力を「セレブリティDBI」(注1)という手法で調査。世界15カ国のそれぞれで、最も影響力のある(市場価値の高い)女性アスリートを選びました。

全世界で見た場合、最も影響力のある女性アスリートはテニスのマリア・シャラポワ選手。女性著名人・有名人の総合ランキングでも、シャラポワ選手は女性アスリートで最も上位の25位にランクインしています(ちなみに女性著名人・有名人の1位はアンジェリーナ・ジョリーです)。

それを裏付けるように、シャラポワ選手の主要スポンサーシップ契約はナイキ、エビアン、タグ・ホイヤーなどで、ポルシェのブランドアンバサダーでもあります。

また、フェイスブックでは1400万人以上のファンを持ち、ロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手などの男子スター選手を上回り、ソーシャルメディアでは最も人気のあるテニスプレーヤーとなっています。ツイッターにおいても158万人(調査時は142万人)のフォロワーを持っています。

また、日本での調査の結果、最も影響力のある女性アスリートは浅田真央選手(フィギュアスケート)でした。浅田選手は日本では99%!もの認知度を誇ります。

2010年バンクーバーオリンピックで銀メダル、世界選手権は3度優勝、四大陸選手権でも3度、グランプリファイナルでも4度の優勝に輝いています。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2015/04/23 18:21

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック