スポーツマーケティングレポート

メイウェザーvs.パッキャオが「今世紀最大の一戦」と言われる数字的理由

現地、ラスベガスで5月2日(土)、日本時間では3日(日)に世界ウェルター級3団体王座統一戦、フロイド・メイウェザーvs.マニー・パッキャオ戦が行われます。この戦いは、ファンが実現を期待してから5年かかっただけに、注目は極めて高くなっています。

ウェルター級(63.5~66.7kg) で、WBA・WBCの世界チャンピオンがメイウェザー。戦績は47戦47勝無敗、26KO勝ちというパーフェクトな経歴で、5階級で世界チャンピオンになりました。

対するパッキャオはWBOウェルター級世界チャンピオン。戦績は57勝2分5敗、KO勝ちは38。オスカー・デ・ラ・ホーヤに次いで、史上2人目の6階級王者となったフィリピンの英雄で、母国では国会議員も務めています。

2人は共に「パウンド・フォー・パウンド」(もし体重が同じであれば、一番強い選手)と呼ばれており、今回の対戦は、どちらが真のパウンド・フォー・パウンドであるかを決める戦いでもあります。

さて、試合展開や勝敗予想は他の媒体をご覧いただくとして、スポーツマーケティングの情報収集、分析、戦略化を実現するレピュコムとしては、何もかもが桁違いとなった、リング外の数字を提供したいと思います。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2015/05/01 17:20

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック