スポーツマーケティングレポート

2020年、東京オリンピックで見たい競技No.1は?

東京2020オリンピックで、現場で観戦したい競技は野球やサッカーといった、もともと人気の高い競技が上位に入りました。

TV観戦を含めた観戦意向では、陸上のトラック種目や水泳、体操など、メダル獲得の可能性が高く、オリンピック競技としてイメージの強い競技が上位にランク入りしています。

雰囲気を味わえること、選手と近いことなどが会場観戦の共通の利点としてあるものの、競泳や体操といった競技は解説なども含めてTV観戦の方が良い面もあり、競技の特性などが観戦スタイルに影響していると考えられます。

会場観戦のファンを増やすためには、現場でしか味わえない良さを強化しつつも、選手の紹介やルール・試合内容の解説を加えるなど、一般の人が試合を楽しめるための施策や、その上で“障害”となるものを取り除いていくことも重要になります。

★データで見るスポーツマーケティング

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2017/11/09 18:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック