スポーツマーケティングレポート

吉田沙保里、内村航平は9割が認知、五輪アスリートの認知度調査

ニールセン スポーツでは、オリンピック・パラリンピック競技のアスリートの認知度について調査しました。吉田沙保里、内村航平、錦織圭、福原愛、石川遼は認知率が90%以上と、国民のほとんどが知っているアスリートとなりました。

以前から各競技で常に世界トップレベルの結果を出してきている選手の認知率が高い一方で、リオ五輪でメダルを獲得し、注目され始めた選手の中には、まだ5割程度しか認知されていない選手もいるようです。

常に結果を出し続け、メディアに取り上げられることが個人として、また競技のファン拡大には欠かせない要素となっています。

また、パラリンピックのアスリートでは国枝慎吾が32%でトップ。上地結衣が20%で2位。ともに車いすテニスの選手となっています。

★データで見るスポーツマーケティング

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by repucom
  • 2017/11/15 15:30

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック