言うはヤスシ

マイコラス投手を相手にした場合の対処法

1)先発投手がエイコラショと頑張って投げましょう。 2)4番打者がドッコラショと頑張って打ちましょう。 3)満塁になったらメをコラシましょう。 4)最後は抑えの投手でスタコラサッサと逃げ切ってしまいましょう。

そんな阪神(4)ー(1)巨人戦。

中日さん相手に連敗してションボリな阪神が4連勝とノってる巨人さん相手に東京ドームで3連戦。 こちらは先発にメッセンジャー投手を立てたので何としても勝ちたい一戦ですが、相手は苦手のマイコラス投手。 さぁ、試合展開やいかに? と思ったら、昨日のあんだけチャンスに打って欲しかった福留選手がいきなり先制3ランかっ飛ばして主導権握るワケです。 そして一旦主導権握っちまえばメッセンジャー投手特有のドロリとしたカーブが効果テキメンに機能します。 結局メッセンジャー投手は8回投げて5安打1失点のナイスピッチ。 まぁまぁ余力もありそうだったので、点差がもう少しあれば完投も視野に入れて欲しかったとこですが、まぁ130球投げてたからね。 初回の福留選手の3ランの後、攻撃陣は5回の満塁からの押し出しの1点に留まりましたが、もうあと一本出ればね。 まぁいーや、勝ったし。 メッセンジャー投手のドロリカーブ。 福原忍ちゃんも似たようなカーブを得意としてましたから、今2軍で育成コーチやってるらしいので、若いピッチャーにバンバン伝授やって欲しいものです。

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by モン次郎
  • 2017/04/22 01:05

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック