南大阪に吹くマリンの風

《マリーンズ》ストーブリーグvol.1(最近の記事より)

FA残留認めず移籍させたこと、結果としては成瀬・今江の移籍後の出場機会や成績見てると、判断は間違ってなかったんですよね?

涌井はどうか?と言いますと、ボールのキレはライオンズ全盛期のソレと比べると見劣りするのは事実。

やけど評価すべきは4年間故障もなくローテ筆頭を守り続けたこと。

それと9月に入り、ランナーナシの場面でのセットポジション投球やめて、ノーワインドに戻してから、ピッチングの勢いってか風格ってか安定感ってかが劇的に変わりました。

これで判断が凄く変わった気がします。

シーズン通じての成績はついて来ておりませんが、涌井の代わりになる投手も出現しなかったのも事実。

石川の今季大誤算は想定外やったし、二木は来季以降の期待は大きいが、まだローテ筆頭となると遠うかな?

ローテ筆頭は各チームのエースと対戦するので年間通じてそのポジション守り通すことが必要。

それを短絡的な「若手を使え」「期待できる」で据えるのは愚策。

そー考えると、まだ涌井はマリーンズにとっては『必要な』先発投手なのです。

涌井がどう判断するかですね?

単純にメジャーってか、アメリカで勝負したいのか?

メジャー契約獲れなければマリーンズ残留なのか?

ワタシの予想では先発枠でのメジャー契約獲れないでマリーンズ残留ってなるんちゃうかな?

そんな気がしています。

来季のマリーンズも今季最下位の現状維持でシーズン迎えるつもりなんかな?

オーナー代行がまた向こうの国で思わしくない判決貰ってるみたいやし・・・

オーナー代行決裁必要な額の補強はムリっぽい。。。

5ページ中4ページ目を表示

  • posted by Hjm
  • 2017/11/14 10:25

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

《マリーンズ》ストーブリーグvol.1(最近の記事より)

そもそも王は向こうの契約の関係で来季オフまで移籍が出来ません。
だから今のうちから来オフに来てもらえるよう準備をしているんです。

posted by gokiyota
コメント投稿者ID:gokiyota
2017/11/15 01:32
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック