Soccer D.B. 管理人のブログ

Jリーグ金曜開催導入のメリット、デメリットを考える〜平日開催時の観客数下落率など

DAZN側からJリーグの金曜開催の要望があったという記事を目にしましたので、今回これについて考えてみました。自分は2000年代はがっつりテレビ中継を見るタイプだったのですが、2010年以降から現地観戦が増えてきたもので、どちらの意見も頭にあってこの件に関しては五分五分です。00年代の考え方なら間違いなく中継はズラしてほしいですし、本来現地に行きたいようなカードが金曜開催に組まれたらためらうでしょう。ということで、中継側とリーグ側、そして主にテレビ中継を楽しむタイプと主に現地で見るタイプの両方の視点から見ていきたいと思います。

まず前者ですが、スカパー時代終盤はまずJ1かJ2かで曜日が分散され、且つ試合開始時間も夏や終盤を除いては分散される傾向がありました。DAZN元年である今季はテレビのチャンネルという枠がなくなったことで、各チームが好きなタイミング(もちろん季節や会場の都合はありますが)で試合開始時間を設定できるようになったことは今季開幕前でも報じられていました。実際、ここ数年とは試合開始時間の設定方法は変わったなと思えるものでしたが一方で、注目の対戦カードが同じ時間に被ってしまうということも多々ありました。「Jリーグを中継している時間」でいえば以前より減っていると思います。

放映権収入が大きい欧州の主要なリーグでは多くの試合開始タイミングを設定することでリーグ中継時間を増やし、視聴者に多くの試合のライブを楽しめるよう変わりました。土日の前後である金曜日や月曜日の夜に試合を行うことも日常となりましたね。DAZNとしてもこの流れに乗りたいのでしょう。これによりDAZNの生中継をやっている時間とJリーグの中継時間を増やすことができます。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by soccer-db_2014
  • 2017/11/15 15:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック