蹴鞠談議2

J2順位予想2014

1、前書き 戦力分析や順位予想でも書いてますが、やっぱり混戦模様。 J2もレベル上がってきましたね。 未熟なデータ分析も年々知識を得て、精度が上がっていると信じたいものです。 今季は、どこが、J1に昇格するか。 そして、残留争いは、どうなるか。 厳しいリーグの開幕も近づいて来ました。 それでは、宜しくお願いします。

2、説明 グループランク S:複数タイトルが目標 A:タイトルが目標 B:プレーオフ出場が目標 C:上位が目標 D:中位が目標 E:残留が目標 予想順位:チーム名:戦力値 (昨季と今季の数値) 理由や説明など 3、順位予想 Sグループ 1位:ジュビロ磐田:74→78 ほぼ昨季の戦力を維持、むしろ向上させた。 J2で、独走するぐらいの戦力と選手層があるが、どれだけJ2で、戦えるか。 Aグループ 2位:京都サンガF.C.:66→74 戦力は、十分。 後は、監督次第で優勝も狙える。 Bグループ 3位:ジェフユナイテッド千葉:65→66 戦力は、基本的に維持。 昇格に向けての起爆剤が欲しい所だが、現状のままでも十分昇格出来るだけの力はある。 4位:ファジアーノ岡山:63→66 選手層が薄かったが、今季の積極的補強で、全体的に層が厚くなった。 軸となるメンバーも残り、影山体制の集大成として、J1昇格を狙える戦力を揃えた。 5位:松本山雅FC:57→65 反町監督の指揮の下、多彩なセットプレイを象徴する通り、細部まで徹底したサッカーをみせる。 個人技、組織力、サポーターのどれをとってもJ1クラス。 6位:モンテディオ山形:52→63 監督交代により、サッカーの転換期を迎えるが、昨季の攻撃力を維持し、守備を改善できるか。 フィジカル的にハードなキャンプにより、J1を狙えるタフなチームとなっている。 7位:V・ファーレン長崎:34→62 昨季の戦力をほぼ維持し、昨季の躍進が、フロックではなく、本物だとという事を証明する陣容が、揃った。 今季も堅い守備をベースに得点力を向上させ、J1昇格を目指す。 Cグループ 8位:湘南ベルマーレ:57→59 1年でのJ2への降格となったが、攻撃を中心としたスタイルで、再びJ1復帰なるか。 監督も交代無く、年間通して安定した戦いが期待でき、上手く機能すればJ1を狙える。 9位:東京ヴェルディ:57→58 近年育成に方向チェンジし、若手が多くなった。 三浦監督の下、勢いに乗ったら怖いチームなのは、間違いない。 10位:FC岐阜:36→58 資金力のあるスポンサーがついた事で、知名度の高い即戦力の選手と有名なラモス監督を獲得。 今季は、例年とは違ったチームへと生まれ変わった。 11位:横浜FC:61→57 随所随所に的確な補強。 数値上は、下がっているが、上手く行けばPOも狙える戦力を揃えた。 12位:アビスパ福岡:44→57 若手とベテランを上手く起用し、戦力を底上げしたマリヤン・プシュニクの2年目という事で、期待したいシーズン。 今季は、即戦力を中心に補強し、分厚い陣容を揃えた。 13位:大分トリニータ:58→56 エースである森島 康仁を始めとする主力選手の流出の穴を埋めるだけの戦力は、獲得出来なかった。 一方で、監督も変わらず、路線的には、変わりなく、安定した力を今季も発揮してくれそう。 14位:コンサドーレ札幌:48→56 目玉だった選手を本人の意向を尊重する形で、手放さざるを得なかった。 小野 伸二の加入する夏までに既存の戦力を最大限活かし、POを目指す。 Dグループ 15位:ギラヴァンツ北九州:46→50 即戦力の選手を多数獲得。 チームとして層が厚くなり、下位脱出を目指す。 16位:カターレ富山:47→49 策士安間監督の下、下位脱出を目指すべく、要所の選手を獲得。 芯の強くなったチームで、中位から上を射程圏に捕えたい。 17位:栃木SC:61→47 育成路線に変更した事で、核となる選手も多数抜けた。 また、昨季途中に長年指揮した監督も変わり、チームとして転換期という状態で、どこまで戦えるか。 18位:ザスパクサツ群馬:47→46 攻撃のタレントは、揃っており、守備面でも底上げに成功。 中位以上を目指す。 Eグループ 19位:水戸ホリーホック:44→45 残留争いに巻き込まれる可能性あるチームとしては、全体的に層が厚く、爆発力がある。 上位を目指すならば、スペシャルな選手が欲しいが、熱血漢である監督の力で、チームの底力を引き上げる。 20位:ロアッソ熊本:49→45 全体的戦力は、上がったと言えるが、守護神の抜けたのは、大きい。 昨季は、不本意なシーズンだったので、今季は、巻き返しを図る。 21位:愛媛FC:49→42 多くの主力級の選手が移籍。 チーム作る上で、立て直しが必至で、厳しいシーズンとなりそう。 22位:カマタマーレ讃岐:36 FW陣は、強力な選手が、揃っている。 全体を通してみた時にどこまで通用するかが、残留のポイント。 Jリーグから世界へ To Be Continued by杉野雅昭 まだまだ未熟なので、おかしい点があるかもしれないので、反対意見歓迎ですし、間違いなどありましたらご指摘などのコメント宜しくお願いします。

1ページ中1ページ目を表示

  • posted by 杉野 雅昭(masaaki sugino)
  • 2014/02/22 00:54

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

Re:J2順位予想2014

前回投稿してから千葉が昇格候補から抜けてると気付きました。戦力は毎年揃っているのに山場の試合で勝負弱い印象になってしまってますね。降格候補は揚げにくいですが愛媛は主力が抜けて補強も進まず厳しそうですね。富山、水戸、群馬もレベルの上がったJ2を戦うだけの戦力は持ち合わせてない印象ですね。しかし岡山も去年は痛い目に遭ってるんで侮れないです

posted by fagianofun
コメント投稿者ID:fagianofun
2014/02/22 16:46
コメント支持(0)

J2順位予想2014

>fagianofun 様

コメント有難うございます。

千葉は、資金力だけならJ1レベルです。
古豪ですし、強敵です。

昨季岡山は、戦力とは別に結果的に下位だったチームには、勝ててないので、今季は、善戦出来ると良いですが、難しい試合になりそうです。

何れにせよ、今季も混戦になる事は、間違いないのではないかと。
年々とレベルが上がっていき、どんどん厳しいリーグになってますね。
そう考えると、岡山は、本当に良い時期に昇格しましたね。

今季も楽しみです。

posted by すぎ
コメント投稿者ID:soccer11111
2014/02/23 02:41
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック