蹴鞠談議2

J2順位予想2016

1、前書き

群雄割拠のJ2。 年々レベルが、上がっている。 前記事の戦力値を高い順に並べた。 ここからある程度基準のグループ分けを行った。 グループ分けを参考にして読んで頂けたらと思います。

2、説明

グループランク

S:複数タイトルが目標 A:タイトルが目標 B:プレーオフ出場が目標 C:上位が目標 D:中位が目標 E:残留が目標

予想順位:チーム名:戦力値 (昨季と今季の数値) 理由や説明など

3、順位予想

Sグループ

01位:セレッソ大阪(76)

J1でも良い所が狙えるだけの戦力を保有する。 特に前線の8柿谷 曜一朗と11リカルド・サントスは、非常に強力。 そして、そのバックアップが19田代 有三と20玉田 圭司。 OHには、10ブルーノ・メネゲウと9杉本 健勇 そのバックアップが、13丸岡 満と7関口 訓充、18清原 翔平。 DHにも2扇原 貴宏と6ソウザ。 そのバックアップに24山村 和哉と26秋山 大地、31橋本 英郎。 ここまで陣容は、非常に強力で、説明不要の戦力と言える。 ただ、最終ラインとGKは、そこより前のポジションに比べて手薄と言える。 しかし、普通に戦えればJ2においては、主体的に攻める事が可能で、自然と攻撃時間が長くなる。 そう考えると、通常とは逆のアプローチだが、堅い守備に繋げる事が出来るだろう。 監督の力量に関しては、不安な面も強いが、普通に戦えば、優勝ですら最低条件と言える戦力である。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by 杉野 雅昭(masaaki sugino)
  • 2016/02/27 18:39

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック