蹴鞠談議2

2017:A代表:親善試合:中立:vsブラジル「インテンシティ」

アデノール・レオナルド・バッチ(チッチ):2.5

スタメン

10ネイマール:2.0、9ガブリエル・ジェズス:2.0、19ウィリアン:2.5 17フェルナンジーニョ:2.5、18ジェリアーノ:2.5 5カゼミーロ:2.0 12マルセロ:2.0、4ジェメルソン:2.5、14チアゴ・シウバ:2.5、22ダニーロ:2.0 1アリソン:2.5

リザーブ

GK:16カッシオ、23エデルソン DF:2ダニ・アウベス、3ミランダ、6アレックス・サンドロ、13マルキーニョス MF:8レナト・アウグスト、11フィリペ・コウチーニョ、15パウリーニョ、20ジエゴ FW:7ドウグラス・コスタ、21ロベルト・フィルミーノ、24タイソン、25ジエゴ・ソウザ

途中交代

1アリソン→16カッシオ:2.5 9ガブリエル・ジェズス→25ジエゴ・ソウザ:2.5 12マルセロ→6アレックス・サンドロ:2.5 10ネイマール→7ドウグラス・コスタ:3.0 19ウィリアン→24タイソン:3.0 18ジェリアーノ→8レナト・アウグスト:3.0

2、得点経過

ブラジル:0-1:10ネイマール(PK)

 一度は、PKのファールが流れましたが、22吉田 麻也が、17フェルナンジーニョを倒してしまったというのが、ビデオ判定により、認められてPKになりました。  キッカーは、エースの10ネイマール。1川島 永嗣が駆け引きしつつ構えるも我慢できずに左に飛んでしまい10ネイマールに逆を突かれてしまって右に決められてしまい失点。

 こういった細かい判定をビデオ判定によりされるという事で、90分間通してフェアプレーをする精神。これは非常に大事であると認められるシステムであると思います。また、それと同時に流れが止まってしまうという点をどう評価するかですが、これにより正しい判定が増えてくれれば、笛に泣かされる事も減りますからしっかりフェアプレーで、90分間戦ってほしいです。

7ページ中2ページ目を表示

  • posted by 杉野 雅昭(Masaaki Sugino)
  • 2017/11/14 21:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック