蹴鞠談議2

2017:A代表:親善試合:中立:vsブラジル「インテンシティ」

ブラジル:0-3:9ガブリエル・ジェズス(22ダニーロ)

 11久保 裕也が5カゼミーロ?に奪われてカウンターを受けます。18ジェリアーノがボールを持って駆け上がると、10ネイマールに預けて、少し進んで、パスをリターンします。18ジェリアーノは、今度は左サイドに展開します。パスを受けた9ガブリエル・ジェズスの股抜きパスを22吉田 麻也がブロックしてクリアするも5カゼミーロに拾われて、今度は右サイドに出されます。19ウィリアンが溜め作ってサイドを駆け上がってきた22ダニーロに出します。このオーバーラップへの対応が遅れながら20槙野 智章が行きますが、当然寄せが間に合わず、精度の高いグラウンダーの速いクロスを許してしまいます。その先にいた9ガブリエル・ジェズスが押し込んで、ブラジルが前半で駄目押しの追加点を決めて、勝負を決定づけられてしまいました。

 本当にカウンターの切れ味の鋭さと厚みのある攻撃で、非常にブラジルが強いなと感じる3点目であったと思います。カウンターのスピード感もありますし、後ろからどんどん選手が来ますし、自陣に引き籠る形になってしまった日本は、当然セカンドボールを拾えませんし、こういった所で、どうやって押し上げるかというのは、1つのポイントかと思います。

日本:1-3:20槙野 智章(2井手口 陽介)

 日本が中央の15大迫 勇也を起点に中央を突いて、サイドの5長友 佑都に展開した所で、クロスを入れます。このクロスで、ブラジルの選手のクリアで、CKを獲得します。  このCKを蹴るのが2井手口 陽介で、ファーサイドへ中速のボールを蹴ります。この先にいた20槙野 智章が後ろへ下がりながらヘッドですが、しっかりミートして、ファーサイドへのゴールを決めて、日本が1点返す事に成功しました。

7ページ中4ページ目を表示

  • posted by 杉野 雅昭(Masaaki Sugino)
  • 2017/11/14 21:08

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック