マイキャディ日記

ミケルソンと専属キャディ“ボーンズ”の絆とは?

 昨年ヘルニアの手術を受けたフィル・ミケルソンが、1月22日に閉幕したキャリアビルダー・チャレンジで復帰戦を戦いました。結果は21位タイと46歳のベテランにとっては可もなく不可もない成績。

キャリアビルダー・チャレンジ最終結果

 それでもクラブを握ったのは「試合前の1週間だけ」という状況で「最善のゴルフができた。自分のゲームを試すのは実戦しかない。ミスもあったけれど良いショットもいくつもあったし、この舞台に戻って来て良かった」と手応えを口にしました。

         ヘルニアの術後2か月弱でツアーに復帰したP.ミケルソン

 実はミケルソン、昨秋から2度の手術を受けているのです。1回目が10月19日、2回目が12月12日。そして現在痛みはないと言います。奇しくも1回目の手術が行われたその日、1992年以来四半世紀に渡りミケルソンのキャディを務め、ツアー通算42勝に貢献してきた通称“ボーンズ”ことジム・マッケイさんも人工膝関節置換手術を受けています。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by my caddie
  • 2017/01/23 13:12

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(1)

ミケルソンと専属キャディ“ボーン”の絆とは?

いい記事ですね。 でも肝心の題名であるミケルソンのキャディのニックネームは、ボーンではなく BONES ボーンズです。 まあ日本語で日本人が読者なので関係ないと言えばそうですが、ボーンとボーンズでは全く違うのでご指摘させていただきます。

posted by erlybrd777
コメント投稿者ID:erlybrd777
2017/01/31 23:35
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック