マイキャディ日記

不良っぽさが魅力? D.ジョンソンが世界No.1へ浮上!

 ダスティン・ジョンソンが米男子ツアーのジェネシス・オープンで優勝を飾り、世界ランク1位に浮上しました。

   ジェネシス・オープンで今季初vを飾ったD.ジョンソンが第20代世界ナンバーへ

 先週まで47週間ナンバー1の座を守ったジェイソン・デイとバトンタッチ。本人はクールに「勝つことだけを考えていた。世界ランク? それは後からついてくるものだと思っていた」と語っていましたが、実際には優勝した翌日、目覚めて真っ先にチェックしたのが最新の世界ランキングだったそうです。そりゃあ、そうですよ。ゴルファーにとってもっとも大きな勲章といって過言ありませんから。

最新の世界ランキングはこちら

 そこで常にテーマになるのが、果たして本当の最強は誰か? ということ。たとえばルーク・ドナルドが1位だった頃、本人も含め多くの人が「最強なわけじゃない。数字的にナンバー1というだけ」といった見方をしていたもの。実力と数字が噛み合い、誰もが認める1位といえばタイガー・ウッズやグレッグ・ノーマンといったカリスマたちだけかもしれません。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by my caddie
  • 2017/02/21 19:33

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック