マイキャディ日記

泣くな松山! “キラー”に惜敗は次回メジャーへの糧だ

 優勝候補ナンバー1だった松山英樹選手の前に立ちはだかったのは、またしても“松山キラー”の異名をとる男。今季メジャー最終戦全米プロゴルフ選手権の栄冠に輝いたのは、1歳年下のライバル、ジャスティン・トーマスでした。

     24歳のジャスティン・トーマスが全米プロ99代チャンピオンに輝きメジャー初制覇

      惜敗に涙を流した松山。「悔しい」という言葉を腹の底から絞り出した

全米プロゴルフ選手権の全順位はこちら

 松山選手とトーマスとの因縁は昨年10月のCIMBクラシックにさかのぼります。そこで優勝争いを演じ競り勝ったのがトーマス、松山選手は惜しくも2位でした。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by my caddie
  • 2017/08/14 12:10

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック