飛鴎乗雲

2018年 アジア大会の日本代表を勝手に考える

今年、台北でアジア選手権が行われましたが、来年2018年はアジア大会です。当初ベトナム(ハノイ)で行われる予定だったこのアジア大会ですが紆余曲折を経て、インドネシアはジャカルタで行われることとなりました。

なぜ来年の話であることをこんな早い時期から話題にしてるかというと…。日本選手権が終わって話のネタが…ということでは無くてですね。

あの、NPBがアジアウインターリーグに選手を派遣している話は、割と周知されてきてるかと思います。 このアジアウインターリーグなんですが、昨年ですとNPBがイースタンとウエスタンで2チーム。台湾がプロ選抜とアマ選抜で2チーム。韓国がプロの若手チーム、後ヨーロッパの選抜チームで計6チーム参加してたんですね。 そのウインターリーグ、今年は台湾のアマチームは現地のポップコーンリーグというリーグ。これはアマのリーグ戦なんですが、そちらに参加するとのことで不参加。 変わって日本の社会人野球の選抜チーム。通称JABA選抜が参戦するとのことで先日メンバーが発表されました。 ウインターリーグの期間は、約1ヶ月あるんですが、恐らくメンバーを入れ替えしたりすると思います。流石にみなさん、野球選手とはいえ会社員ですからあまりにも会社を空けるというのも、企業的にいろいろあるはずですので…。

…で、ですね。このウインターリーグになぜJABA選抜が参加するかというと…。来年のアジア大会を最大目標として、それの強化選手を育成するという側面と言うか、大目標があるのです。 もちろんメンバーからのみ選ばれるという話ではなく、ベテラン選手はこのウインターリーグに参加してませんし来年春に新たに社会人野球へ入ってくる選手たちもいます。その中から選ばれる流れになりますが、中心はこのウインターリーグに選考された選手になるのではないかとも思うのです。

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by sukezaemon
  • 2017/11/15 08:23

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック