極上の“T-1二見激情”見参

1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表した久保田武蔵は、一体何をしたかったのか?

2・10(日)「カリスマへの道 T-1クライマックス~二見社長vsミスター・ポーゴ~」竹芝コロシアム大会決定!

前売り券は12・23から発売だが、発売前に最前列は完売しそうな勢い。 ↓ いつまでもレジェンドレスラーが中心じゃおしまい!2・10(日)T-1竹芝大会で二見社長がミスター・ポーゴと一騎打ち!「ポーゴを踏み台にして大仁田厚とやる!」

二見社長「ミスター・ポーゴを踏み台にして、大仁田厚とやる!」極悪大王・ポーゴと2・10(日)T-1竹芝大会で一騎打ち!レジェンドレスラーに宣戦布告!

さて、12月9日に行われた「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.37 二見×松本晃市郎~2時間30分間久保田武蔵~」については、明日か明後日までにオフィシャルブログの方で更新する。 内容的にこっちでは、規制の関係で更新するのは厳しい(過激になるという意味)。

その久保田武蔵氏は、このままフェードアウトして消えていくだろう。 何故なら、下手に総合格闘技業界に関わっていくと間違いなく潰されるので。 それくらい激怒している格闘家は多い。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by t-1gp23
  • 2012/12/21 23:29

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック