極上の“T-1二見激情”見参

両国国技館で開催したことが愛川ゆず季の最大の功績!GAMIと紫雷美央のロッシー小川批判はただの負け惜しみ

4月21日以来、久々の更新。 オフィシャルブログも、4月25日を最後に更新していない。 ↓ 小◆者のくせに目立ちたがり屋の白石オーナー!ヒールにとってブーイングは、最大の応援であり声援!そこを分かっていない時点でプロレスを語る資格はない

前にも書いたように、しばらくはプロ野球のブログを中心に更新するが、前回書いた「愛川ゆず季はマスコミが作り上げた人気者か?」はそれなりに反応があったので(アクセス数も良かった)、この件についてもう一度取り上げる。

まず前回の記事の補足。 割引券についてだが、割引券を出すことは悪いことではない。 チラシと同じ意味合いもあるし、宣伝効果としては、普通のチラシよりも効果がある。

例えば、興味のない人が普通のチラシをもらっても観に来る確率は極めて低いが、1500円で観に行ける割引券なら来る可能性も出てくる。 ただ最近のプロレスの大会で割引券と言えば、「このちらしを持参すると前売り料金で可能」 というのが主流(当日券を500円UPまたは1000円UPするプロレスの大会がほとんどなので)。

「スターダム」の場合、3500円の席を1500円でOKと2000円引きになる割引券であったが、当日券は500UP。 前売料金からは1500円の値引きとなる。 割引券を出すなら、思い切って値引かないと意味がないので、このくらいの割引でいいのではないか。

6ページ中1ページ目を表示

  • posted by t-1gp23
  • 2013/06/02 22:17

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック