極上の“T-1二見激情”見参

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

本題の前に、12月23日(祝)19時から「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.41 二見社長×ターザン山本!~2013年最後の二見激情~」を水道橋のUGP・4階会議室で開催。

ターザン山本!氏とのガチトークを2千円で観れるのは、12・23(祝)で最後になる。

二見社長×ターザン山本!のガチトークを2千円で観れるのは、12・23(祝)が最後となる

さて、総合格闘家でDEEPライト級チャンピオンの北岡悟に腹が立つことがあったのでこの件について書く。

大晦日のIGF両国国技館大会への参戦が決まった際「真剣勝負のプロレスをやる」と発言したが、プロレスをやったことがないプロの格闘家に、「真剣勝負のプロレスをやる」と言われる覚えはない。

そもそも北岡悟は、総合格闘家(総合格闘技を行う選手)だ。 プロレスラーじゃない。 IGFが発表した対戦カードを見ても

▼IGF MMAルールマッチ  北岡悟 vs ラマザン・エセンバエフ

MMAの試合でプロレスではない。 プロレスのリングで、総合格闘技の試合をするだけだ。

総合の試合をやるのに、イチイチ「真剣勝負の総合格闘技やります」と言うか? その前に、プロレスラーじゃない格闘家から「真剣勝負のプロレス」と言われても意味が分からない。

7ページ中1ページ目を表示

  • posted by t-1gp23
  • 2013/12/17 21:02

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(3)

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

プロレスのことを下に見る総合格闘家がなぜいるのかと言うと、選手、ファン、一般大衆をそのように誘導して、金もうけを企む格闘技村のマスコミ連中がいるからです
ゴチャゴチャ面倒くさいので、自称プロレスラーの私が二見社長のリングで北岡選手と戦ってプロレスにおける真剣勝負が何であるかをはっきりさせたいのですが、どうですか
階級は無差別で、ルールは頭突きと肘ありのプライドルールなんてどうでしょう

posted by 自称プロレスラー
コメント投稿者ID:ELG00062918
2013/12/20 10:51
コメント支持(0)

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

2代目スーパータイガーも良いこと言っていますよね
私の実力は、佐山さんが見れば一発でわかると思うので、
私と2代目スーパータイガーと、青木、北岡のタッグマッチなんていかがでしょう
プロレス戦と総合格闘技戦のホームアンドアウェーなんておもしろそうですよね
両方できる2代目スーパータイガーさんの凄さが際立つことになるので、佐山さんものってくれるかもしれません

posted by 自称プロレスラー
コメント投稿者ID:ELG00062918
2013/12/21 03:09
コメント支持(0)

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

自称プロレスラーさんがどなたなのか分からないので、試合を組む件については言及できませんが、格闘技のマスコミはある意味プロレスマスコミよりも酷い面があると思います。
あと桜木選手ですが、スーパータイガーはプロレスラーでも桜木は格闘家ですからね。
新日本の所属レスラーが怒るべきだと考えています。

posted by t-1gp23
コメント投稿者ID:t-1gp23
2013/12/23 06:56
コメント支持(0)

よく読まれている記事
トラックバック