極上の“T-1二見激情”見参

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

伊勢ケ濱親方の発言に一番悪意を感じたのは、会見で貴乃花部屋に謝罪に行ったら断られたとアピールした点だ。

実際には、約束の時間に遅れたから貴乃花親方は車を出したのに、メディアはその事実をほとんど報じていない。

メディアは、貴乃花親方が何も喋らないことに対して散々批判したくせに、伊勢ケ濱親方が「捜査中だから事件の経緯は答えられない」と見苦しい言い訳をしたにも関わらず、その件についてはスルー。

伊勢ケ濱親方の不遜な態度を見て、メディア、マスコミは何も感じないのか?

メディアで思い出したが、相撲協会の御用ライターの横野レイコは、日馬富士の会見は引退会見であって謝罪会見ではないと擁護したが、何を訳の分からないことを言っているのか?

例えば、謝罪会見を既に行い、そのあとに引退会見なら横野氏の言い分も理解できるが、それをやらなかったのは、伊勢ケ濱親方と日馬富士だ。 大体、謝罪会見を行うタイミングはいくらでもあったはずだ。

さらに横野氏は、伊勢ケ濱親方の逆ギレ会見を親心と擁護。 そのくせ、貴乃花親方の親心に対しては、連日連夜大批判を繰り返す。

ここまで来るとレポーターではない。  相撲協会の広報だ。 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコを許してはいけない。

とにかく、伊勢ケ濱親方と日馬富士は、反省は上辺だけで、貴ノ岩への暴行については全く反省していないことが改めて分かった。

伊勢ケ濱親方の責任は重大であり、何故処分しないのか? まさか、日馬富士だけ責任を取らせて終わりにするつもりか?

日馬富士が辞めるのは当然だし自業自得だが、日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り。

貴乃花親方にどうこう言う前に、日馬富士暴行事件の現場に居ながら、親方や協会に報告しなかった白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦などはどうなのか?

6ページ中3ページ目を表示

  • posted by t-1gp23
  • 2017/12/06 22:02

記事ジャンル:

タグ:

【重要】スポナビブログ終了に関するお知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line
コメント(2)

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

>それを加害者だけの言い分を鵜呑みして、被害者の貴ノ岩の態度が問題と報道する。
>こんな酷い報道が許されるのか(怒)。

だったら貴ノ岩は出てきて説明しろよ!

貴乃花がそれを止めてんだろ!!!

posted by worldsportsfan
コメント投稿者ID:worldsportsfan
2017/12/09 17:21
コメント支持(1)

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

貴ノ岩の体調が良くない可能性もあり、話したいのを止めているかどうか不明です。
ただ、警察の捜査が終われば、貴乃花親方は協会に協力すると言っているので、それまで待つしかないです。

posted by t-1gp23
コメント投稿者ID:t-1gp23
2017/12/09 22:50
コメント支持(8)

よく読まれている記事
トラックバック