ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

今さらですが有馬記念寸評2015

第60回を迎えた有馬記念(G1)。 今年も、競馬週報的に、全出走馬の寸評を書いてみたいと思います。 昨年と同様、カウントダウン方式でいきますが、今年は早速、有力馬が登場することになりました。

始める前に、昨年読んで下さった方々に、事前にお知らせを。 今年の馬券は外れました(笑)。

それでは、16着から。

<16着> リアファル ルメール騎手が太鼓判を押す素質馬。ポテンシャルの高さを評価され、3番人気に支持されました。 しかし私は、何かまだ頼りない気がして、ヒモ評価に留めました。 それでも、勝負所で後退していった時は驚きました。 跛行を発症したそうなので(経過観察中)、このレースはノーカウントですね。 (独り言:少し人気になり過ぎの感があるので、当面、G1では切って妙味有りというタイプかも。)

<15着> オーシャンブルー 3年前の2着馬も、昨年の殿負けに続いて、今年はブービー賞に。 力不足は否めませんでした。

<14着> ダービーフィズ マンハッタンカフェの甥っ子ですが… 今回は印象に残りませんでした。

<13着> ヒットザターゲット 1枠2番、小牧騎手が乗っているというだけで、非常に不気味な存在になりました。 但し、無印。脚質的に厳しかったですね。

<12着> ラストインパクト 昨年も書いたように、有馬記念で注視している内枠馬。 もちろん今年も探したのですが、「これは!」という典型的なタイプの馬は見つけられませんでした。 そこで、半ば無理くり、この馬をヒモに抑えてみましたが、ダメでした。 着順ほどは負けていないので、ペースに泣いたかも。

5ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2015/12/30 15:28

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック