ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~

2016年6月26日、日曜日。 GⅠ馬6頭を含む17頭立てで行われた今年の宝塚記念は、唯一の牝馬、マリアライトが制覇しました。

昨年のダービーの時にさらっと書いたのですが、私は、宝塚記念の予想は、およそ次の観点で決めています。

1.人気サイドで決まりがち。6番人気以内で構成する。 2.まくりを打てる馬×逃げ馬 を本線にする。

当然、今年もこの観点で予想を組み立てるべく、馬柱を印刷すると、6番人気以上の馬に印をつけた後、その6頭で「2」に当てはまる馬を探しました。 但し、いつもは「まくりを打てる馬」を上位にするのですが、今年は違いました。 というのは、実は春天の時から、「本命はキタサンブラック!」と考えていたからです。 そうすると必然的に、「軸は逃げ馬」ということになります。

もちろん、キタサンが逃げると決めつけていいのか、という話はありますが、その点、私は自信がありましたし、希望としても、逃げてほしかったのです。 なので、私にとっての今年の宝塚は、キタサンの相手を探すレース、だったのです。

出走馬が揃ってみると、積極的にハナを主張したい馬はいなかったようで、結果として、キタサンブラックが逃げる展開になってくれました。 そして、重から稍重に回復した阪神の馬場での1000mが、59秒1でした。 「競馬BEAT」の実況アナが「これは速すぎる!」みたいなことを絶叫していたのですが…

4ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2016/06/30 01:08

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック