ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

年度代表馬について考えてみた

0.まえがき

先日、2017年1月10日に、2016年度JRA賞競走馬部門の結果が発表されました。 その内容を基に、「年度代表馬」について考えてみようと思います。

まずは、個人の感想から。

1.わたくし的年度代表馬

去年の終わり、2016年有馬記念の寸評記事を書いたとき、私は、「私が思う年度代表馬」も書いたつもりでいました。 が、3日前ぐらいに、確かめようと読み返したところ、一切そのことに触れていなくて、自分に驚いてしまいました。 私の記憶では、2着、キタサンブラックの寸評の最後に、そのことを書いていたはずだったのですが…

つまり私は、有馬記念の結果を受けて、「今年の年度代表馬はキタサンブラックかな」と思いました。 GⅠを「2-1-1-0」とまとめたこと、敗れた2戦も「負けて強し」を印象付けたこと、そして、北島三郎さん(大野商事)の所有馬という話題性を含め、2016年の競馬界を盛り上げたこと。 これらを考慮して、私はそのように思ったのです。

後から考えれば、モーリスのGⅠ3勝(うち海外2勝)も見事な成績でしたし、サトノダイヤモンドもクラシックを3着-2着-1着、プラス有馬記念勝ちなら堂々としたものであり、私が考えたほど「キタサンオンリー」な状況ではなかったのですが。

ともかく、今年GⅠを2勝以上したのは上記3頭のみであり、どの馬が選ばれてもおかしくない状況でした。 そんな中、選出されたのはキタサンブラックでした。 有効投票数の過半数には届かなかったように、ある程度票が割れましたが、個人的に期待した通りの結果になり、私としてはホッとしました。 (別にそれで私が何かもらえたりするわけではないんですけどね(笑))。

10ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2017/01/16 00:35

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック