ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

【広島】新着ツイートに戦々恐々 ~甲府戦を終えて~

2017年5月20日、土曜日。

今回は、映像で観ることができなかった甲府-広島戦について、素朴に書いてみようと思います。

まず、スタメンから工藤と千葉ちゃんが外れましたが、私は、外れるならば塩ちゃんの方かな、と実は思ってました。 今年は現状、特に塩ちゃんと青ちゃんが、責任感が強すぎるあまり、入れ込みすぎて、逆に上手くいっていない感じでした。 なので、塩ちゃんには一度、ベンチから試合を観ること、をしてもらった方がいいんじゃないかと思って。 ただ、ポイチさんの選択は千葉ちゃんでした。 となれば、当然、それは尊重すべきもの。だって、私は監督ではありませんから(笑)。 あとは塩ちゃんの奮起に期待するのみでした。

次、失点を知ったとき。 「あ~、先制されちゃった…」とは思ったものの、別に悲観的になるというようなことはなかったですね。 直接目にしていない気楽さなのか、割とフラットな感じで「まだ時間あるし」と考えることができてました。

そして、同点に追い付いたとき。 私は、スポナビの速報と、せと☆ひできさんの速報、それに加えて、某お二方のツイッターを随時参照しながら、試合を追っていたのですが、そのご両人によると、非常にエクセレントな得点だったようでして。 ともかく、「前半の内に追い付けたのは良かったなあ」と思ってました。

3ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2017/05/21 01:05

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(2)

【広島】新着ツイートに戦々恐々 ~甲府戦を終えて~

こんにちは
テキスト速報の感想面白く読みました

記事にコメントします(当たり前 笑)

・千葉ちゃんが外れた
 カズが使える、野上も使いたい
水本は安定している(計算できる)、塩谷とミカのホットラインも使いたい
って想像して納得しました。

・先制されて追いついた
 公式のハイライト映像がすべてですね
先制されたところは小椋のスーパーなシュートだったと思います(水本は自分の責任って言ってたけど…)
追いついたところの縦パスは塩谷だと思います。
微妙な位置に出した感じですが、皆川が機転利かして前向いたのは本当にエクセレントでした。

ここから記事外です

では、私のDAZN観戦の感想をば。
・皆川選手先発について
 DAZNの方で試合開始前の時間に選手コメントが紹介されまして、印象的だったのが
「寿人さんのような動きもしたい」
でした。
試合を通して、そういうところは見受けられましたし、前述の得点に絡んだところでは寿人以上だったと思います。

全体通して思ったのは、先発の時は落ち着いてる(途中出場でも同じでええんやで…)
去年も有ったけど寿人や皆川先発の時はこういうチームの連動性が見られるんだよなぁ、ってことでした。
(すみません、戦術ウタカ大嫌いでした 笑)

・工藤と皆川の比較について
 スタッツで比べると、走行距離やスプリント回数、シュート数等、工藤が劣るところは無いと思います。
皆川が実践したオフザボールの動き方を工藤がどう見たか気になります。
別に工藤に皆川の真似をして欲しいとは思いませんから、そのうち先発復帰した時に何を見せてくれるのか期待です。


以上、乱文失礼しました。

posted by 練馬のくま吉
コメント投稿者ID:TCE00074608
2017/05/21 12:12
コメント支持(2)

【広島】新着ツイートに戦々恐々 ~甲府戦を終えて~

練馬のくま吉さん

毎度あり!
きっとコメントして頂けると思ってました(笑)。

まず、メンバー選考については、本文でも触れた通りで、結局は、監督にしか決める権利はないんですよね。
だから、メンバー発表が出たとき、その意図するところを推察することは、非常に大事なことだと思います。
くま吉さんのアプローチは、すごく良いと思います。
(たまに、監督気取りで「理想のメンバー」とかを書いた挙句、その通りにしない監督を非難するブログとかを見ますが、「なら、すぐにS級取ったら?」と思ってしまいます。ここだけの話だけど(笑)。)

塩ちゃんの起用を不思議に思った私ですが、同点に関わるプレーをしたことを含め、塩ちゃんなりの結果を残したことを、いま素直に喜んでおります。

次に、皆川についてですが、彼の持ち味である献身的な活動を、この試合では十二分に貫いてくれましたよね。
彼も在籍4年目。伊達に3年間、サンフレッチェで飯を食ってはいないわけで、このくらいはやってくれる選手だったんですよね、元々。(まあ、知ってましたよね。)
得点力の問題で、あまり評価されていない選手ですが、今のサンフレッチェに求められている「泥臭いプレーができる選手」としては、チーム随一と言っても過言ではないと思います。

最後に、工藤についてですが、本文で塩ちゃんに対して書いたことと同じことが、彼についても当てはまると思います。
ベンチから戦況を見ながら工藤が何を思ったのか、私には分かりませんが、気付いたことは何がしかあるはずなので、うまく取り入れてくれるんじゃないでしょうかね。

次の磐田戦はBSで放送されるので、私もこの目で観ることができます!
甲府戦の内容を継続させることができるか否か?
楽しみに待ちたいと思います。

それではまた!

posted by ビッグアーチの雪
コメント投稿者ID:tacker
2017/05/21 22:26
コメント支持(1)

よく読まれている記事
トラックバック