ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

2017年夏の広島県大会を振り返りつつ、代表の健闘を願う。

今年もまた、47都道府県を代表する高校が一堂に会しました。 第99回全国高校野球選手権大会が、8月8日に開幕します。 本来の予定からは1日ずれ込んでしまいますが、いよいよ明後日から、各地方大会を勝ち抜いた精鋭たちの戦いを観られるわけです。

さて、約1ヵ月前、私は「広島県大会が始まった」という記事を書いたのですが、それからあっという間、と私は感じたのですが、とにかくあっという間に、広島県の代表が決まったのでした。

大会期間中、私は、(一部の試合を除き)結果だけしかフォローしていませんでした。 そして、ベスト4が出揃う前後から、実は「広島新庄が優勝する」という風に確信してしまったんですね。 なぜなら、「毎試合、大量得点で圧勝している」というイメージだったから。 だから、決勝戦のカードが「広島新庄-広陵」と決まった時も、如何に広陵高校といえども、新庄が順当勝ちするんじゃなかろうか、と思っていました。

そういう心境だったので、決勝戦の日、仕事を終えて結果を見た時には、非常に驚いてしまいました。 広島新庄の3連覇ならず、広陵が代表の座を奪還したのです。 ただ、フォローしますが、優勝候補が十指に余ると考えていた私も、この決勝戦の組み合わせを見たとき、「ああ、これは至極順当な組み合わせだな」と思いましたよ(微笑)。

後で聞けば、広陵のバッテリーは、プロのスカウトからも注目されている逸材なのだとか。 初戦の相手が中京大中京という、両校で春何回優勝してんだ(笑)という組み合わせになりましたが、「中京も頑張れ」とエールを送りつつも、やはり広陵の勝利を期待して、試合を観てみたいと思います。 開幕がずれた分、祝日の試合になったし。 ということで、広陵高校関係者の皆さん、出場おめでとうございます!

2ページ中1ページ目を表示

  • posted by ビッグアーチの雪
  • 2017/08/06 19:00

記事ジャンル:

タグ:

アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Line

コメントを投稿

コメント(0)
よく読まれている記事
トラックバック